30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)
(C) 豊田悠/SQUARE ENIX・アニメ「チェリまほ」製作委員会
3.7
Rated 3.7 out of 5
5つ星のうち3.7 (合計3レビュー)
★534%
★433%
★30%
★233%
★10%

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」みんなの感想と評価口コミ!面白い?つまらない?

うーん…

Rated 2.0 out of 5
2024年3月7日

BL嫌いじゃないし、絵もきれいだけど、話がいまいち…今時あんな絵に描いたような嫌みなモブ&パワハラ女社長出してくる?

ピュアなBLで癒されます

Rated 5.0 out of 5
2024年2月13日

大好きな漫画の待望のアニメ化で期待して見ました。見てみると、ただ漫画を動かしてるだけでなく、映像の綺麗さや声優さんたちの声が、キャラクターにぴったりなところも期待を上回るものでした。作画は漫画よりはキラキラ感が多めの印象ですが、黒沢のスパダリ感が増して私は好きなタイプでした。

主人公たちの安達、黒沢のお話だけでなく、ちゃんと柘植たちのストーリーもあったので、湊推しの私としては、お話が省かれてなくて安心しました。柘植が湊に落ちるシーンは好きで何度も見ました。

実写ドラマでも良かったけれど、アニメも音楽がチェリまほの世界観に合っていて、エンディング曲は安達と黒沢の声優さんが歌っているので、アニメ本編だけでなく、最後までしっかり癒されるアニメです。

らいれん

ファンタジーの雰囲気がとてもいい

Rated 4.0 out of 5
2024年1月27日

この作品の存在を初めて知ったのはドラマからでした。それがヒットしてアニメも見始めたのですが、すごく楽しいですね。他人に触れるとその人の心の声が聞こえるというもので、それによって物語が大きく変化していくのでそこに注目です。

主人公が同期の男性の心を読み取ったら、なんと自分に好意を持っているということが判明するのでその場面には笑いました。突然なことに動揺している感じがとても面白いです。でも段々とその事実を受け入れて彼との関係を深めていく流れがとても興味深いです。

ボーイズラブの展開ではあるのですが、なんだかすごく爽やかで見ていてほっこりできる要素もたくさん散りばめられているので、たまらなく癒されます。キャラデザもとても魅力的なのでそこにも注目ですね。

くるみ

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」の感想と評価口コミを書く(ネタバレ考察あり)

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」の作品情報

基本情報

タイトル 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
読み方 30さいまでどうていだとまほうつかいになれるらしい
略称 チェリまほ
原作 豊田悠
アニメーション制作会社 サテライト
アニメ放送期間 2024年1月~
話数 全?話
アニメ放送局 テレビ東京ほか

作品概要・あらすじ内容

アニメ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」は、豊田悠による同名の人気漫画を原作としています。主人公は30歳で童貞のままを迎えた安達清。彼は、触れた人の心が読めるという特殊な能力を得ることになります。

日常生活の中で、彼は偶然にも職場のイケメンである黒沢優一の心を読むことになり、そこで明らかになるのは、黒沢の安達への隠された恋心です。

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」は、一見ありふれた恋愛物語のように思えますが、心が読めるという魔法の要素が加わることで、全く新しい次元のラブコメディが展開されます。

普段は控えめで目立たない安達が、黒沢の思いがけない感情に気づくことにより、二人の関係は徐々に変化していきます。この魔法の力は、安達が自分自身と他人の感情を理解する手助けとなり、彼の人生に新たな展開をもたらします。

また、アニメでは、心の声をビジュアル化し、視覚的に魅力的な表現を用いています。これにより、視聴者は安達の内面的な葛藤や、黒沢の隠された感情をより深く感じ取ることができます。

また、二人の関係の進展は、心の声を通じて巧みに描かれており、恋愛の深い感情や複雑さを視聴者に伝えます。

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のアニメは恋愛の複雑さと、内面の感情を探求することの重要性を、ユニークで魅力的な方法で描いています。安達と黒沢の関係がどのように展開していくのか、その行方を見守るのが見どころとなります。

PV予告動画