うる星やつら 第2期

うる星やつら2期
(C) 高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
2.9
Rated 2.9 out of 5
5つ星のうち2.9 (合計11レビュー)
★527%
★49%
★327%
★20%
★137%

「うる星やつら 第2期」みんなの感想と評価口コミ!面白い?つまらない?

悪くない。むしろ良作まである

Rated 4.0 out of 5
2024年2月12日

1期と比べるとストレス無く見られることに気づきました。

主要キャラがほぼ出揃った状態で始まったからでしょうかね。新OPもいい感じです。

1期もそうですが令和のこのご時世に億面も無く昭和を曝け出す、原作、過去作尊重の姿勢には好感が持てます。

名無し

世代でも古さは感じる

Rated 1.0 out of 5
2024年2月4日

常に新しいものは見ているので。

年齢は関係ないんですよ。

止まってる人だけかな

オーフェンと違って

Rated 3.0 out of 5
2024年1月31日

原作ファンの数は圧倒的に多いから、成立してるんだろうね。アニメ単体で赤字でも、十分売れてるからね。

多分採算度外視

あんまりソワソワしないで♡

Rated 1.0 out of 5
2024年1月29日

今のOPも嫌いではないが、もしこれで始まってたら涙腺が崩壊してたかも知れない

何もかも皆懐かしい

美少女絵のミトコンドリアイブ、それがラムちゃん

Rated 3.0 out of 5
2024年1月29日

美少女の絵柄が時代と共に変化しているのは皆さんご存知だと思いますが、全ての美少女の遺伝子的ルーツがこのラムちゃんです。

全く別物に見えても、歴史を順に遡れば必ずラムちゃんに辿り着きます。

つまり、歴史的資料価値のあるアニメなんです。

でも最新の絵柄を学んだ方が実践的です

推奨年齢50歳以上

Rated 1.0 out of 5
2024年1月29日

最初から4クール前提で、原作重視で、予算と時間をかけた高品質なアニメに仕上がってると思う。

だからこそ思う「なんでこんな物作ったんだ」と。

「魔術師オーフェンはぐれ旅」も、4クール前提で、原作重視で、絵柄が古臭い事を除けば作画は良かったし、高品質なアニメだった。けど、圧倒的に時代遅れで、ダサかった。

それと全く同じ感想。

昔の物を今更掘り起こして見ても羞恥心しか湧かない

老害向け

Rated 1.0 out of 5
2024年1月27日

YouTube等の感想動画みると「センスが古い」と言うのが総評。

コメント欄でも原作ファンの指示が高い。

最初から新規は期待していないのだろう。

戦略としてはそれで正しいのか

原作をすごく大事にしている作品

Rated 5.0 out of 5
2024年1月27日

この作品はやっぱり原作に対してのリスペクトがとても高い作品ですね。前期同様、ラムちゃんやあたるの声優さんたちの声がすごく魅力的です。かなり前にアニメ化された時の声と遜色ないくらい似ているので、すんなりと物語に入り込むことができましたね。

相変わらずあたるがとにかく女好きで、ふらふらとしているのがすごく面白いですね。その度にラムちゃんやしのぶに怒られてしまうので見ていてかなり爽快です。物語のテンポもすごく良くて内容を容易く把握できるので、そこも面白ポイントの一つです。

個人的にキャラクターたちの色彩がすごく綺麗だと思います。目がチカチカするという意見もありますが、うる星やつらはそれでいいと個人的には思いましたね。

カズ

1期より更にテンポが良くなって面白い!

Rated 5.0 out of 5
2024年1月26日

「うる星やつら」は昔のも第1期のも見ていましたが、第2期に入ってからは1期よりもさらにテンポ良くスムーズに話が進んでいる感じがして見やすいですね。オープニングとエンディングもオシャレな感じで気に入っています。

ラムが地球の言葉を忘れてしまう話では、上坂さんの完璧な宇宙語に驚かされました。あんな訳のわからん言葉を よどみなくスラスラと本当に母国語のように話せるのが凄いと思いました。

また、いつもはラムをほったらかしにしているあたるも、久々にラムが帰ってきた時には、抱きしめていてきキュンとしました。ギャグ中心ではありますが、たまにこういう胸キュンシーンが織り込まれているところも、大きな魅力だと思います。キャラもどんどん個性的な癖が強いキャラが増えていく一方なので、これからの展開も楽しみにしています。

ちょこもん

古参にはこれで良いんだと思う

Rated 3.0 out of 5
2024年1月21日

キャスト変更も違和感ないし、絵柄も大きく変わっているわけではないし、原作に忠実ならそう不満も出ないと思う。一応、旧アニメを見たことあるし、それなりに楽しんだけど、新作に違和感は感じない。

でもやっぱり古さは感じる。

CM枠や旧EDで現代風にアレンジされたラムちゃんを見てると、絵柄だけでも現代風にするというアイデアもあったのではと思う。

自分は新し物の方が好きだ。

注意自分は旧作にそれほど思い入れはないので

ラムちゃん可愛い

Rated 5.0 out of 5
2024年1月19日

うる星やつらリメイクということで1期に引き続き2期も視聴しています。opやedもとても良かった!中毒性が高く、ダウンロードして毎日聴いています。声優も一新したということですが、私は昔のアニメを見ていないのでリメイクから入りました。しかし違和感ない!という意見が多くて好評で嬉しいです。

ラムちゃんの格好もそのまま虎模様のビキニですが現代の今でも浮いたりせず、超可愛くて最高です。時代の進化ですが、髪の毛の色が綺麗に見えるようになりました。(レーザーディスクのような)

1期はラムちゃんがあたるくんに猛アタック!という感じで、あたるくんからの矢印はあまりなかったんですが、2期の1話から早速あたるくんの気持ちがわかるエピソードがあってとえも嬉しかったです!2期も最終話まで見届けたいです!本当にリメイクしてくれてありがとうございます!!

ろろん

「うる星やつら 第2期」の感想と評価口コミを書く(ネタバレ考察あり)

「うる星やつら 第2期」の作品情報

基本情報

タイトル うる星やつら 第2期
読み方 うるせいやつら
原作 高橋留美子
アニメーション制作会社 david production
アニメ放送期間 2024年1月〜
話数 全?話
アニメ放送局 フジテレビ“ノイタミナ”ほか

作品概要・あらすじ内容

『うる星やつら 第2期』は、高橋留美子の鮮烈なデビュー作である原作「うる星やつら」を元にしたアニメーション作品です。2024年1月よりフジテレビの「ノイタミナ」枠などで放送が開始されています。

このアニメは、地球で最もトラブルを引き起こす高校生・諸星あたると、宇宙からやってきた鬼族の美少女・ラムとの出会いを中心に展開されるラブコメディです。二人の関係を軸に、銀河中から集結するさまざまなキャラクターたちが物語を彩ります。

第2期では、新キャラクターも登場します。特に注目すべきは、因幡というキャラクターで、入野自由さんが声優を担当しています。因幡は、うさぎの着ぐるみを着て亜空間を移動する、運命製造管理局の人物です。時空オンチという特徴を持ち、ドジな一面もあります。また、しのぶとのやりとりが見どころの一つです。。

アニメ『うる星やつら 第2期』は、高橋留美子の作品らしい魅力を存分に発揮しており、原作漫画のキャラクターたちの顔立ちや仕草が巧妙に再現されています。動く漫画を見ているような、漫画的な表現も取り入れられているのが特徴です。

たとえば、キャラクターが叫ぶ際に飛び出す文字などは、まさに漫画の魅力をそのままアニメに落とし込んだような演出です。

『うる星やつら 第2期』は、原作の魅力を忠実に再現しつつ、新たな要素を加えて令和の時代に蘇らせた作品です。既存のファンはもちろん、新たなファンをも引き込む魅力が詰まっています。

PV予告動画