うたわれるもの 二人の白皇

うたわれるもの 二人の白皇
(C) うたわれるもの二人の白皇製作委員会
3.5
Rated 3.5 out of 5
5つ星のうち3.5 (合計2レビュー)
★50%
★450%
★350%
★20%
★10%

「うたわれるもの 二人の白皇」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

前作から7年、トラブルを乗り越え始まる最終章

Rated 4 out of 5
2022年8月25日

前作「偽りの仮面」の続編として長らくファンに待ち望まれた作品で、前作のラストで友の意思を託され、オシュトルとして生きる覚悟を決めた主人公ハクにヤマト全土を巻き込む戦乱の影が忍び寄る「うたわれるものシリーズ最終章としてえがかれるあらすじです。
前作から実に7年ぶりの新作で、その間ハク役の藤原啓二さんの急逝で制作が危ぶられましたが、本来のオシュトル=ウコン役の利根健太郎さんが代役を務めることで無事日の目を観れたことも心に残るエピソードです。
前作は前半の日常パートが多少長すぎた印象がありましたが、流石に急展開になった終盤からのスタートという事もあり、再び集結していく仲間達や敵の動き、新たなキャラクター達など見せ場が凝縮されてる印象を受けました。

Shinya0544

自分を偽り続けるということの苦難

Rated 3 out of 5
2022年8月24日

帝が崩御した後に内乱となったヤマト。毒を盛られた皇女・アンジュを抱えてエンナカムイへと離脱したハク一向の苦難が、この作品のメインストーリーとなります。
仮面を受け継ぎ自らを捨てオシュトルとして生きることを決断したハクは、毎回のように危機を迎えていくのがこれまでの話です。苦しみながらも何とか持ちこたえて、アンジュの回復によって光明はでてきました。
それでもオシュトルになり切れないハクの苦しみが、よく表れているのが特徴となっています。エンナカムイに来た仲間たちはハクのもとに集ってきたもの達ばかりなので、真実を隠し続けなければならないのが何とも悲しいです。
他の勢力の動向も今後に大きく影響していくようで、ストーリーはより壮大になっていきます。登場キャラの数も多くハクとの関係も見所です。特にクオンがこちらの陣営にやってきたことで何となく明るくなってきたように感じました。今後はより重厚なシナリオで魅了してくれることでしょう。

白滝

「うたわれるもの 二人の白皇」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「うたわれるもの 二人の白皇」の作品情報

基本情報

タイトル うたわれるもの 二人の白皇
読み方 うたわれるもの ふたりのハクオロ
原作 AQUAPLUS
アニメーション制作会社 WHITE FOX
アニメ放送期間 2022年7月
話数 全28話
アニメ放送局 TOKYO MXほか

PV予告動画