BORUTO(ボルト)

BORUTO(ボルト)
(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
5
Rated 5 out of 5
5つ星のうち5 (合計4レビュー)
★5100%
★40%
★30%
★20%
★10%

「BORUTO(ボルト)」みんなの感想評価とネタバレ考察

親とは違う道のり

Rated 5 out of 5
2021年10月15日

NARUTOから見ているアニメで、その息子が主人公のアニメというだけで最初は見ていました。しかし、出てくるキャラクターがほかの昔の忍の子供たちもおり、気持ち的にはワクワクしていきました。
最初は父のナルトを嫌っている感じだったのが、中忍試験でオオツツキたちが攻めてきて、初めて父の背中を見てから、父を認めていく姿に感動しました。今では尊敬している気持ちもみられ、親子の絆が少し見えた気がします。
また、サスケと出会い、サスケのように火影を支える忍を目指すところも、ナルトとは違う道を進んでいこうとする姿がいいと思いました。
火影の息子だから将来は火影になるという、ほかの人が思う将来ではなく、自分の進むべき道を見つけていくところが面白いと思いました。

しば

NARUTO時代から受け継がれたものと変化

Rated 5 out of 5
2021年9月22日

BORUTOは前作の主人公、ナルトの息子「ボルト」が、主人公のストーリーです。なので時代背景が、現代に近く描かれているのが特徴です。例としては、NARUTOの世界にはなかったパソコンや電車の登場など。
しかし、NARUTO時代から受け継がれている「伝統」という物語のコンセプトは変わりません。アニメ自体に関しては、序盤はアニメオリジナルの話が多く、少し中だるみしているという感じもしました。
しかし、これまで飽きずに見られたのは、作画の美しさと新世代の声優さん・NARUTO時代から続投している声優さんの息がぴったりで、目が離せなかったからです。
現在は、漫画原作に合わせたストーリとなっており、NARUTOと同じく今度は、今後のボルトの成長、そしてカワキの心の変化がどう動くのか続きを楽しみにしています。

shogomaishin

NARUTOの思いを受け継いだ子達の次世代物語

Rated 5 out of 5
2021年9月22日

物語としては里長の親(ナルト)を持つ子(ボルト)が構ってもらえなくて、反発を繰り返しながら成長していく物語です。作画はとても綺麗です。声優も豪華で、NARUTO時代のキャラの声優が全く同じなのが嬉しいですね!NARUTOファンとしては最高です!
強すぎる大筒木一族との戦いが始まる緊張感とカーマの事で苦悩するボルト、、見ていてドキドキ、ハラハラします!次回が大筒木一族との決戦との予告。人知を超える力をもつ大筒木一族に勝てるのか、ボルトの持つカーマは何を意味するのか、、気になって仕方がないです!
印象に残ったシーンは辛い過去の記憶がフラッシュバックしたカワキをナルトが片腕で抱きしめて、大丈夫だ。と言うシーンと、クラマがカワキの前に現れて、ナルトがこれまでどんな人生だったかをカワキに語るシーンも感動して、気づけばカワキと一緒に泣いていました。

しぃ

NARUTOからBORUTOへの続編に対して

Rated 5 out of 5
2021年9月22日

BORUTOというアニメの好きなシーンは、サスケが幼い頃に兄貴のイタチに「すまないサスケ また今度だ」といってデコを人差し指と中指でトンと押すシーンがあるのですが、それを嫁のサクラにやっていたところが好きです。
キャラはNARUTOの続きでNARUTOの登場人物が皆結婚して、その子供たちのエピソードを描いているので、すごく物語が分かりやすく面白い作品だなと思います。
続編に対する期待は、今のNARUTOを愛読していたのに終わったと思って、がっかりしていたところにBORUTOという続編が出てくれたので、またそのボルトが大人になって子供を産んで、その続きが見られるのではないかなーと淡い期待を抱いています。
作画も声優もNARUTOの時と同じ人なので、馴染みのある聴きやすい声ですごく愛読できます。

ゆーくん

「BORUTO(ボルト)」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「BORUTO(ボルト)」の作品情報

基本情報

タイトル BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
読み方 ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ
原作 岸本斉史、小太刀右京、池本幹雄
アニメーション制作会社 studioぴえろ
アニメ放送期間 2017年4月~
話数 全?話
アニメ放送局 テレビ東京系列
声優(CV)・キャスト うずまきボルト役:三瓶由布子
うちはサラダ役:菊池こころ
ミツキ役:木島隆一
猿飛木ノ葉丸役:高橋英則
風祭モエギ役:下屋則子
奈良シカダイ役:小野賢章
秋道チョウチョウ役:白石涼子
山中いのじん役:阿部敦
日向ハナビ役:浅井清己
筧スミレ役:遠藤綾

あらすじ・ストーリー

平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。高いビルが立ち並び、巨大モニターには映像が流れ、区画と区画を結ぶ雷車が里の中を走り抜ける。忍の里とはいえ一般の人が増え、忍の生き方も変わりつつあるそんな時代--里のリーダー、七代目火影・うずまきナルトの息子であるボルトは、忍者を育てる学校“忍者学校(アカデミー)”に入学する。

周りの生徒達はボルトの事を“火影の息子”と偏見の目で見るのだが、ボルトは持ち前の破天荒な性格でそんなものは跳ね飛ばす!

ボルトは新しい仲間と出会い、そして勃発する謎の事件にどう挑むのか?皆の心の中を疾風の如く駆け抜けて行く“うずまきボルト”の物語が今、始まる!!

引用元:「BORUTO(ボルト)」公式サイト

テレビアニメ「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」のみんなのネタバレ考察と最終回(最新話)の感想評価レビューをまとめています。無料で視聴できる動画配信サイトも紹介しているので、参考にして下さい。