即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。
(C) 藤孝剛志/アース・スター エンターテイメント/即死チート製作委員会
1.3
Rated 1.3 out of 5
5つ星のうち1.3 (合計62レビュー)
★53%
★42%
★32%
★26%
★187%

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

ぼくのかんがえたさいきょうのひっさつわざ

Rated 2.0 out of 5
2024年2月21日

ヒロインの見た目が好みなのでなんとか見ているが、それだけしかない。

そしてそのヒロインも、名前を呼ばれるたびに、某お笑い芸人を思い出してしまって、なんか萎えてしまう(失礼!)。

他の名前を付けられなかったのかなー。

それにしても話の展開は酷い。

敵襲→「死ね」→勝利

これをひたすら繰り返しているだけ。

まさに、「ぼくのかんがえたさいきょうのひっさつわざ」をアニメ化したような感じ。

せめて中ボス級には即死スキルは無効だとか、即死スキルを使うために条件を満たさないといけないとか、何かが欲しかったね。

中ボスだろうがなんだろうが即死スキルは効くし、なんならかなり離れた場所にいる大ボス級の奴にさえ効く。

そして全く頭脳戦的な要素がなく、主人公の気分次第で生きられるか死ぬかが決まってしまう。

これははっきり言ってつまらない。

工夫がない。

いや、ある意味では「俺TUEEEE!」したいだけの全アニメに警鐘を鳴らしている存在ともいえそう。

だあくねす

とにかく酷い

Rated 1.0 out of 5
2024年2月20日

主人公が即死の発動条件を満たすために色々工夫して戦闘し、即死発動とかならまだやりようがあったと思うが、ただ相手を見て指指して即死。これの何が面白いのかわからない。

作画も酷いし戦闘描写も静止画。星1ですら勿体ないレベル。

異世界小説読み漁り

即死チートが見たいならこのアニメじゃなくても良くね?

Rated 1.0 out of 5
2024年2月14日

よりによって異修羅が即死チートネタしかもこれの上位互換やり出したのほんと草

話や設定もあっちの方が凝ってるし、もっと言うなら凡百なチート系作品の方がまだマシ

なろう系最底辺レベル

つまんな

Rated 1.0 out of 5
2024年2月14日

結構、なろう系は見ますが、1話でここまでつまらないのははじめてでした

えっぐ

原作派によると

Rated 1.0 out of 5
2024年2月12日

「設定はしっかり作られてる」「転スラよりは設定はまとも」だそうだ

試しに友人から借りて読んでみた

全然大した設定じゃなかった

下の人も言ってるように、AΩであー…ってなった。

てか原作の文章もひどい

金払わず借りて済ませて正解だった

この作者の小説はもうタダでも読まない

女ウザい ← 同感

Rated 1.0 out of 5
2024年2月11日

むしろこいつこそ56すべきでは?

主人公に「うそつき」認定されたし、あそこでやっていれば。

うそつき

女うざい

Rated 1.0 out of 5
2024年2月9日

何となく見てましたが、内容云々以上に女の突っ込みがしつこくてウザくて切りました

.........0012

YouTubeの今期3大低評価アニメで最下位がこれだったぞ

Rated 1.0 out of 5
2024年2月7日

コメント欄でも低評価。

所で、YouTubeで年齢なんてわからないのに何で20代、30代に評価されてるって言えるのか?

俺もYouTubeは結構観てるけど、普通に叩いてる動画もあるけどな。

信者動画しか観てないのか

言っちゃなんだが、アーススターノベルなんてゴミ箱

Rated 1.0 out of 5
2024年2月7日

ここのアニメ化作品なんてゴミしかないぞ。

そもそも、面白い原作ならもっと大手から出版されてるだろ。なろうなら、KADOKAWA系列、漫画ならジャンプやマガジン系列。

大体出版社でわかるわ

面白い作品は大手で決まってる

元が、PV数が高い=高評価という誤解から世に出てしまった駄作

Rated 1.0 out of 5
2024年2月7日

過去のコメントにも書かれているけど、そもそもなろうでPV数が高いって理由で書籍化されたけど、内容ゴミでしたって小説だからな。

同じ奴が何度でも閲覧すればPV数なんて水増しできるから当てにならない。YouTubeなんて特にそつ。

VTuber系のアニメとか悲惨だろ。YouTubeじゃあんなに高評価なのにw

PV数が意味のない事が証明されるだけ

PV数はタダで稼げるからな

Rated 1.0 out of 5
2024年2月7日

ニコニコ動画で祭りにして流行らせるのと同じ。

お金払う書籍化だと一気に下がる。

海外ランキングとか、いわゆる同一人物の連続投票が効かない集計では普通に低い。

ちゃんとした集計ではゴミアニメ

R18もしくはR15でいいと思う

Rated 4.0 out of 5
2024年2月7日

配信ではそこそこ人気だし

youtubeの20代30代からも評価そんなに悪くない

要するにテレビ局のレギュレーションが深夜枠を録画で見る

10代の中高生に対応してないという問題が露呈した形

とりあえず残酷描写がありますとか子供は見るなみたいな

丁寧すぎるテロップで注意喚起すれば多少は違ったも

sdgsとgafamが気になる

第二次 でんでん現象

Rated 1.0 out of 5
2024年2月7日

小学生が休み時間胃やってることの延長戦。

Tk

あたおかホイホイ

Rated 1.0 out of 5
2024年2月6日

これみておもろいと感じる人の人格すら疑うレベル。

Anonymous

「真の仲間2期」にサイコパス勇者が登場

Rated 1.0 out of 5
2024年2月6日

唯一の取り柄であったサイコパス要素も、「真の仲間2期」にサイコパス勇者が登場したので、こっちの敗北。

因みに「異修羅」にも即死攻撃持ちキャラ(しかも生命以外も殺せそう)が登場したので、こっちの敗北

負けまくり

5話まで見たって言ったら

Rated 1.0 out of 5
2024年2月4日

友達に馬鹿にされた。

頭いい奴は、普通1話見た時点で切るだろ、だって。

馬鹿でも3話までらしいよ

怖い

Rated 1.0 out of 5
2024年2月3日

ネタではなく、本当にこれを楽しんでる人が少数でも存在してる事が怖い

ずめ

作者によると

Rated 1.0 out of 5
2024年2月3日

この作品はあくまで「お気楽ギャグ」らしい。

いや全く笑えないんだけど。どこにギャグ要素あるの?

赤字ミー鈴木

そろそろ切るか

Rated 1.0 out of 5
2024年2月2日

重要設定っぽいものも見れたしもう十分だろう。

これ以上伸び代を感じない。

さよなら

逆に凄い

Rated 1.0 out of 5
2024年2月1日

ここまでサムイ内容は数年に一度あるかないか無いかレベル。4話まで我慢して見たけどもういい。

ネッ友から「名前を書かないデスノート」「見ると逆にデスノートがどれだけ凄い作品だったか分かる」と聞かされていたが、いや比べるのも失礼だろこれ。

クラスメートの死体の前で平然とスマホゲームを始めるサイコ主人公、つまらないを通り越してうすら寒さすら感じるパロディ、中二病全開な見てるこっちが恥ずかしくなる技名…。それ以前に正直ストーリーの意味がない。

2016年・17年はこんなものでもなろうでランキング1位になれたんだね…。

高評価をつけてる人は、マジでこの作品の何が面白いと感じるのか教えてほしい。

ああ

今期はネタ枠に覇権クラスが2つもあるので!!

Rated 1.0 out of 5
2024年2月1日

「ブレイバーン」と「魔法少女にあこがれて」でお腹いっぱい。

即死太郎に割くリソースはない。

時間は有限

物知り小学生「わたしはAであり、Ωである。初めであり、終わりである。」←うん、よく調べたね

Rated 1.0 out of 5
2024年1月30日

つまりAΩとは究極の存在(神)のこと。

うわ。またこれですが?

エヴァ以降聖書の引用って増えたけど、周回遅れ過ぎて、見てるこっちが赤面レベル。

原作者は引用センスもない

これが今期で一番つまらん

Rated 1.0 out of 5
2024年1月29日

即死って何だと思ったら妄想だった。

死ねって思ったら死ぬって夢で大量虐殺しそうな奴だな。

親とか子供とかちょっとイラついただけでぶっ殺しまくる殺人中毒者番組か。人気出たら見てるやつの脳内が心配なレベルだわ。

攻撃も殺すんだっけ。それ無機物だけど意思のないものを意思で殺すってのが意味わかんねー。

小学生の発想がアニメ化って、この内容小学館でも採用せんぞ。

せめてのび太とドラえもんまでにしておけ

バトルアニメは大体見てる

アニメ化されたからといって、高評価がつくとでも思ったか?

Rated 1.0 out of 5
2024年1月29日

即死太郎「死ね」 ← 小学生レベルの語彙力

不適合者「たかだか心臓を潰したぐらいで俺が死ぬとでも思ったか?」

上は、作家として表現力が圧倒的に足りてない。だから、つまらない。

低評価には理由がある

小学生「何が死かは俺が決めることなんだよ。」← うん、そうなんだw

Rated 1.0 out of 5
2024年1月28日

プロの小説家が考えたとは思えない、幼稚なセリフ。文才の欠片も感じない。

同時期のアニメに「異修羅」があるが、異修羅構文とよばれる独自の文体によるキャラ紹介がある。アニメ自体は、キャラ紹介ばかりでイマイチ盛り上がっていないが、少なくとも文才の面ではこの作者より上。

高評価をつけるのであれば、ちゃんと分析した上での評価をしないと、評価した人の知性を疑われるぞ。

文才といえば魔王学院の不適合者の秋の方が才能あると思う

Q. この映像をお前が見ているということは?

Rated 1.0 out of 5
2024年1月27日

A. 視聴者シネ → 神展開、見直したわ!!!

B. 私は既に死んでいる → ああ、もうこう言うのいいよwww

答えはB

つまらん展開

原作者は無能

テンプレ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月26日

今期これより面白いアニメ山ほどあるからわざわざ見るほどでは無い

俺ツエーなろう系はもうオワコン

PVは高いけど、中身見たら大した事無かった作品

Rated 1.0 out of 5
2024年1月26日

そう言う経験は無いだろうか?

別に、小説でなくてもよい。動画や音楽でも構わない。

世の中には「これ流行らせたい」と言うノリでPVを増やそうとする人達がいる。それ自体は単なる遊びだし、ノリに付き合うのも悪くない。

しかし、そうした勘違いから評価されてしまった作品の末路が正にこれ。これでも、昔はなろう1位なんだぜ。

アニメ化でより多くの人の目に触れて化けの皮が剥がれた

ゴミすぎる

Rated 1.0 out of 5
2024年1月26日

登場人物全員サイコ、やっていることが意味不明、ギャグも寒い

こんなゴミがアニメ化できるとは業界の哀れだと思う

オープニングの曲も本当に合わない、違和感しかない、曲自体も適当に作ったものみたい

経費の無駄遣いだ、いい脚本は他にいくらでもあると思う

アニメ業界を助けて

良い所は無いがそんなにひどくはない

Rated 1.0 out of 5
2024年1月25日

酷評な意見ほどひどいとは思わない。

面白味にかける。全てにおいて。

毎話同じ展開。新キャラ出て死ぬ。ワンパターン。

ヒロインだけ助ける動機が全くわからないし伝わらない。これが一番ご都合で鼻につく。

ヒロインほっといて適当にどこか行け。またはヒロインより新キャラ側についてヒロイン殺してもいい

ギャグアニメなのかもしれないが笑えない面白くないどこを笑うのかわからないも追加

こういう作品に高評価がつくから、なろうや、なろう読者が馬鹿にされる

Rated 1.0 out of 5
2024年1月25日

物を見る目がない奴は何処にでもいる。

下らない作品を茶化して持ち上げる奴もいる。

それを真に受ける馬鹿もいる。

そういう不幸が積み重なって「世に出てしまった」作品。

審美眼がないと本人の知性も疑われるぞ

ウザい奴が消えて終わり、しょーもなw

Rated 1.0 out of 5
2024年1月24日

3話に出てきた、テンプレチート君と取り巻きメス共のキャラの薄さ。正にこのアニメのペラペラさの象徴でした。

面白い作品っていうのは、敵にも魅力的なキャラが多い。だから感動するし、心に刻まれる。

ペラい作品に感動するのはペラい読者だけ

そもそも話がつまらない

Rated 1.0 out of 5
2024年1月23日

高評価つけてる奴の見る目を疑う。

他の好きな作品を知りたいレベル(同じ出版社の作品評価してそう)。

テンプレの安っぽい敵ばかりなので、殺しても罪悪感が残らない。敵に工夫がない。

知知佳のツッコミがいちいち寒くて雰囲気ぶち壊してる。結果シリアスにならない。

アニオリで良いからヒロイン殺せば爪痕残せるんじゃね

あー、そういう系ね

Rated 5.0 out of 5
2024年1月23日

3話まで視聴。

1話でゴミくそなろう系かと思ったが、3話まで見たらほーんって感じ。

前評判で聞いてたよりも全然面白いやん。洋画だと稀に見るシュールコメディだが、アニメでこれをやるのは前衛的なんじゃない

とある創作者

クソ・オブ・ザ・クソ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月22日

これをそれなりの人数のいい大人が集まって作ってるかと思うと眩暈がする。どういうモチベーションで制作してるんだろう。

クソアニメハンター

数年来のつまらなささ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月21日

数年に1作品あるかないかぐらいのつまらない作品。ギャグもつまらない。ストーリーもつまらない。良いのは絵だけ

さな

ネタ枠なら受ける、とでも思ったか?

Rated 1.0 out of 5
2024年1月20日

内容や方向性は違えど、このアニメが「狙っていたであろうネットの反応」は魔法少女に持っていかれた。

ネタ枠で言えば、ブレイブバーンもライバルか?否、比べるのも痴がましい。

安直な発想では、ネタ枠にすら成れない。

3話まで見たがこれ以上話題になることもないだろう

チートにすれば面白くなるとでも思ったのか?

Rated 1.0 out of 5
2024年1月19日

つまらなすぎて逆に気になるよね

面白くなるとは期待してないけど

異世界ものにすれば面白くなるとでも思ったんだろうか?

クソだと分かった上で面白いところを探すために見るけど、現在放送中の3話までは全てクソすぎてつまらない

クソのまま終わりそうで今後に期待はできない気がする

クソ

子供を56さなかったのは失敗

Rated 1.0 out of 5
2024年1月19日

3話でロリが命乞いしてきた時に56していたら評価が上がったのに。

知千佳「流石にこれは酷過ぎない」→ 高遠「これくらい普通だろ」

的な展開を希望したのだが、所詮この程度だと言う事だね。既に今季の問題作は「まほあこ」に決まった様な物だし、もう話題に乗ることもないか?

女性を56すのは他の作品でも普通にあるので

ひどい

Rated 1.0 out of 5
2024年1月18日

間違って録画されてたので見てみた。数分でもう削除。胸糞すぎでクソすぎ。タイトルで感じる印象と同じ。勇者ヨシヒコのザラキしか使えない弱々最強魔術師は面白かったなあ。改めて。

まー

話題性も面白さも他のアニメに負けている

Rated 1.0 out of 5
2024年1月18日

やばい系の話題性では「魔法少女にあこがれて」の方が上

最強系の面白さでは「悪役令嬢レベル99」の方が上

攻撃手段が即死なので、最強系の売りである、敵を倒した時の爽快さの部分がない。先日放送された悪役令嬢レベル99の2話の方がこの点で優っていた。

中途半端でつまらないギャグ

もっとアニメならではのやり方を模索してほしい

Rated 3.0 out of 5
2024年1月17日

原作通りの展開なんだけど、アニメの話数は限られてるんだからもうちょっと根本部分をちょい出しすればいいのにと思った

せっかくちゃんとした設定があるのにあまりにも勿体ない

今のところ陳腐な失敗なろうアニメみたいになってるから、先の展開を知らない人が見たら低評価をつけられても仕方ない

MM

微妙すぎる

Rated 1.0 out of 5
2024年1月16日

シオンの声優棒読み

ゆき

自称ギャグらしいが、寒すぎて笑えない

Rated 1.0 out of 5
2024年1月16日

「お前が死ねよ」「じゃあ死ねよ」

的な展開が寒い

寒くて笑えない

2話まで見た

Rated 1.0 out of 5
2024年1月15日

あの意味不明な影は何?

テラフォ◯ーズかと思った

ゴンベ

絵だけ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月12日

多分、これ擁護してる人、絵しか見てないよ

キャラ絵は悪くないと思うけど、それだけ

多分、絵を変えて純粋に内容で勝負させたら、誰も見向きもしない

ちゃんと見て批判するタイプ

第1話観たけど

Rated 1.0 out of 5
2024年1月12日

なんか、酷かったよ。内容も構成も

psyche

個人的には面白い

Rated 5.0 out of 5
2024年1月12日

オープニングの演出も即死チートを彷彿とさせており、「怖っ」と思いながらも、第二話の主人公の能力を使う判断基準が結構まともで、安心した。

ただ、敵側に回ったら改心するチャンスもなく◯されることが残念。しかし、可愛い〇〇キャラも遠慮なく◯すところはかえって好感持てた。

ネタバレイヤー

見てないけど見ないほうがいいのかも?

Rated 1.0 out of 5
2024年1月12日

タイトルからして薄っぺらさが目立ってた。

ここまで叩かれてると逆に気にはなる。

(見るとは言っていない)

このアニメネタ枠

シリアス系かな?と思えば

Rated 2.0 out of 5
2024年1月12日

よくある学校のクラスが異世界に勇者候補的な感じで召喚

適正無い者は主人公とヒロインの目の前で理不尽に退場

までは見れました

その後はそんな事は無かったようにギャグに走るヒロインとやれやれ系チート主人公により

まったく感情移入できずに置いてけぼりになりました

2話まで見ましたがネタにもされない本当のクソアニメ臭がして切りました

あかさたな

設定に飽きた

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

もういいよ、異世界、チート物は……

いい

わかりやすくていい!

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

タイトル見ただけで臭い作品だとすぐにわかっていいね!

時間のムダを省けるよ!

くっせー

元ネタはバトルロワイヤル、メタネタで誤魔化す寒いシナリオ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

「転生物でバトルロワイヤルさせりゃいいじゃん」単純な胸糞悪いキャラクターばかりでセンスゼロ

主人公は外部だから干渉できるって展開だろうけど、気が向いたら終わった後に早送りで見るのが正解かな

鎌井氏

皆よく頑張って視聴したねー

Rated 1.0 out of 5
2024年1月10日

褒めたよ😝

ってネタでなく自分も観てて気ぃ悪したので同じ気持ちです。どーせなら⭐︎も一つにしときゃいーのに。

幾つか疑問が。元は小説?文章もこんな展開なん?即死スキル自体に魅力も少しは感じるけど浪漫や憧れとかは元々ないな。でもこの作品がアニメ化までするんやから元のお話もそれなりに需要ある筈。どんだけ売れてんだろ?あとこーゆー作品を求めてるヒトってどーゆータイプなんやろね?

即死のスキルなら秋クールのひきこまりみたいに蘇生も可能な世界観か、主人公がスキル発動を恐れつつも使わないといけないって葛藤みせるとか、反対に厨二全開で「オレにスキル使わせんじゃねーよ」ってイキってくれてる方が見やすいです。下の方のあらすじに成長を描くって書いてあるのでしばらくは追ってみます。虚無かも知れんけど。

白無垢の左衛門狸

違和感だらけ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月8日

肝心な導入部から感情移入ができなくて面白くなかった。

1話切り確定。

よう

しっかり見ました。

Rated 2.0 out of 5
2024年1月8日

察してはいたけど、見ずに文句をつけるのも十分クソと思ったから見てみた。こういう突き詰める系は案外面白かったりするしね。その上でこの評価だよ。逆にこれと逃げずに向き合った俺を褒めろ。

承認欲求の塊

見てないけど

Rated 1.0 out of 5
2024年1月6日

まぁタイトルからお察しの感じ

見るまでもないでしょw

kx

ひどぉ~

Rated 1.0 out of 5
2024年1月6日

なかなかここまでつまらん、アニメを作るのもなかなかの才能か、、、

作画がやばいし、急にイキリだすクラスメイト、反吐が出る技名、エフェクト、、、

がんばって半分見たけど無理だった

Rated 1.0 out of 5
2024年1月6日

目の前で担任等が殺されたのにみんなケロッとしてたり急にクラスメイトが殺伐としたり無理

感じるものはなかった

Rated 2.0 out of 5
2024年1月6日

主人公に殺意を向けたら即死効果が発動では勝負にすらならない。このチート能力の弱点を付く敵が出て来るとは想像するが。1話で視聴者に興味を惹かせないとなかなかに難しい。

徒歩3分

酷すぎる

Rated 1.0 out of 5
2024年1月5日

率直な感想なんだこれ?って感じ

こんな酷いアニメ久しぶりに見たわ

1話切り確定

舐めんな

寒いしつまらん

Rated 1.0 out of 5
2024年1月5日

ギャグがつまらなくて共感性羞恥感じた

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」の作品情報

基本情報

タイトル 即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。
読み方 そくしチートがさいきょうすぎていせかいのやつらがまるであいてにならないんですが
原作 藤孝剛志
アニメーション制作会社 オクルトノボル
アニメ放送期間 2024年1月〜
話数 全?話
アニメ放送局 TOKYO MXほか

作品概要・あらすじ内容

『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』は、異世界へと召喚された高校生たちのサバイバルを描いた作品です。物語の中心人物は、特殊な能力「即死チート」を持つ高遠夜霧。

彼は言葉で相手を即死させる力を持っており、この能力を巡る様々な出来事が描かれます。夜霧とともに、召喚されたクラスメイトの中で能力を受け取れなかった壇ノ浦知千佳など、多彩なキャラクターが登場します。

この物語は、異世界での生き残りをかけた戦いと、主人公たちの成長を描いています。夜霧の強力な即死能力にもかかわらず、彼らは異世界での生活を通じてさまざまな困難に直面し、自分たちの強さを見つけ出していきます。

作中では、夜霧が他人に対して関心が薄く、自衛以外にはその能力をほとんど使わないという特徴が描かれています。また、彼の過去や異世界の文化についても触れられ、ストーリーに深みを加えています。

この作品は、ライトノベルから始まり、漫画化、アニメ化とメディアミックスが進んでいます。アニメ版では、原作の魅力を生かしたキャラクターの声優やビジュアルが話題となりました。

異世界ファンタジーとしての面白さとともに、キャラクターたちの内面描写や成長過程にも注目が集まっています。

PV予告動画