ノーゲーム・ノーライフ

ノーゲーム・ノーライフ
(C)2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
4.3
Rated 4.3 out of 5
5つ星のうち4.3 (合計3レビュー)
★533%
★467%
★30%
★20%
★10%

「ノーゲーム・ノーライフ」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

最弱の人類がチートな種族に頭脳で勝つ!

Rated 5.0 out of 5
2024年2月8日

ゲームの勝敗で全てが決まる世界に、最弱の人類だが最強のゲーマーのソラとシロが転生してきて、ワービーストやエルフなど上位種族にあの手この手で勝っていくいきます。

1話ごとに話がある程度完結し、しかも視聴者も頭を使うようなゲームを繰り広げるので見ていて全く飽きません。

キャラクターが可愛く、映像もカラフルなのもおすすめポイントです。私の推しはシロちゃん。声優の茅野愛衣さんの儚げな声がとても心地よいです。アニメの続編で映画ノーゲーム・ノーライフ ゼロが2017年に公開され、私は映画館で嗚咽混じりの大号泣をしました。

小説はどんどん進んでいますが、2期の話はまだありません。どんどん壮大なストーリーになっていくので2期の放送決定を心待ちにしています。

リモちゃん

原作を超える迫真の演技

Rated 4.0 out of 5
2023年11月29日

ストーリーは原作そのままに、小説では分かりにくい部分の補正もされ、とても見やすく分かりやすかったです。作画も丁寧であり、流れに違和感がありませんでした。

特に良かった点は、キャラクターの演出です。それぞれ個性あるキャラクターの特徴をしっかり踏まえており、見ていて飽きませんでした。

特に主人の演出が面白く、とあるゲームで兵を鼓舞するシーンが、原作よりも熱く勢いがあり、爽快感があります。動きの速いシーンも見栄えが良く、面白かったです。

続編として映画も公開されましたが、アニメと同様に丁寧で見やすく、良作でした。演出の持って行き方も良くて、涙するシーンもあったほどです。原作のストックはたんまりとあるため、ぜひ2期の制作をしてほしくあります。

りんごとばなな

異世界の駆け引きに心躍る!

Rated 4.0 out of 5
2023年11月12日

「ノーゲーム・ノーライフ」は、異世界を舞台にした知略と戦略の物語です。主人公の空(そら)と白(しろ)の兄妹が、ゲームを通じて異世界での地位を築いていく様は、まさに息をのむ展開でした。特に彼らが異世界の種族たちとのゲームで勝利を収めるシーンは、思わず拍手を送りたくなるほどです。

作画に関しては、カラフルで独特な色使いが印象的で、異世界の幻想的な雰囲気を見事に表現しています。キャラクターの表情や動きも細かく描かれており、感情移入しやすいです。声優陣の演技も素晴らしく、特に空と白の兄妹の掛け合いは、聴いていて心地よいです。

ただ、物語の展開が速すぎる点は少々残念です。もう少し丁寧に物語を紡いでいけば、キャラクターたちの背景や世界観をより深く理解できたのではないかと感じます。また、一部のゲームのルールが複雑で、理解するのに時間がかかることもありました。

全体的には「ノーゲーム・ノーライフ」は、異世界とゲームを融合させた独特の魅力を持つアニメです。空と白の兄妹が見せる、知略と勇気に満ちた戦いは、視聴者を夢中にさせること間違いなしです。ゲームを通じて繰り広げられる心理戦は、ただのアニメを超えた、一種の芸術作品と言えるでしょう。

遊戯

「ノーゲーム・ノーライフ」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「ノーゲーム・ノーライフ」の作品情報

基本情報

タイトル ノーゲーム・ノーライフ
略称 ノゲ、NGNL、ノゲラ、ノゲノラ
原作 榎宮祐
アニメーション制作会社 MADHOUSE
アニメ放送期間 2014年4月〜6月
話数 全12話
アニメ放送局 AT-X

PV予告動画