後宮の烏

後宮の烏
(C) 白川紺子/集英社,「後宮の烏」製作委員会
3.8
Rated 3.8 out of 5
5つ星のうち3.8 (合計5レビュー)
★540%
★40%
★360%
★20%
★10%

「後宮の烏」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

世界観が良い

Rated 5.0 out of 5
2022年11月8日

個人的に、世界観がたまらなく好きな作品です。中華アニメならではの雰囲気、それは耽美と言っても過言ではありません。

また、ストーリー構築も相当なものです。基本的には一話で完結するようになってはいるものの、確実に作品の根幹に触れていくように構成されている点がたまりません。

一方、食べ物を持ってこられるとすぐに頼みを受け入れてしまう主人公の可愛いが過ぎる、チョロさに釘付けになること間違いないでしょう。

もっとも、実在する食べ物ではなく、どうやらこの作品のみの創作料理らしいため、現実でそれを味わってみることができないのは残念にほかなりません。ただ、それは作品の評価を落とすものにはならないため、見る上で問題にならないでしょう。

いろは

ニャンニャン

Rated 3.0 out of 5
2022年11月5日

中国ドラマ好きとしては、ニャンニャン(娘娘)の発音が気になる(⌒-⌒; )猫ですかw話しはハッキリしていないですが、世界観が好きなので観ようと思います。新人声優さん、いいですね^ ^

みーちゃん

日本人が書いているので話が分かると思います。

Rated 3.0 out of 5
2022年10月28日

まず、物語は中国のお話ですが、原作が白川紺子さんという日本人が書いているので、わかりやすくなっていると思います。また、登場人物に役職名と名前が字幕で入っているので、さらにわかりやすくなっています。

それから、作画は美しく書かれていて、飾っておきたいくらいになっています。

また、声優は主役の水野朔さんは新人ですが、高峻役の水中雅章さんは前回、「ようこそ実力至上主義の教室へ」に出ていて、今回はそのイメージを覆す優しい役をやっています。

それから、音楽はエンディングテーマを歌手のkrageさんが歌っていて、彼女もお母さんが中国人であるという多国籍な音楽が流れる環境で育っています。また、キャラは一人一人に特徴があって、わかりやすいと思います。

丘里リル

幻想的な呪術の描写は期待通り。原作の何巻まで放送予定なのか、少し気になる。

Rated 5.0 out of 5
2022年10月15日

原作小説でも、最初の話「翡翠の耳飾り」を前編後編の二つに分けて放送していました。全体的にサクサク物語が展開する感じがしておりますが、これは、仕方ないかなと思います。

キャラに関しては、ほとんどみんなイメージ通りなのですが、主人公寿雪の警護を担当する温蛍に関しては、もう少し爽やかなイメージを勝手に思い描いていたので、ちょっと違うかなと思いますが、それがこれから先見て行く中で、良く変わっていくことを期待しています。

寿雪が呪術を使うシーンは、本当に綺麗です。ここは、期待通りで嬉しいです。声優さんに関しても文句ありません。印象に残ったシーンは、第一話の最後のシーンですね。寿雪の正体を高峻たちが目撃してしまうところです。

本当に美しく、幻想的でした。ワンクールで、全部の話を放送してしまうのか、それとも幾つかクールを分けてやるのか、その辺がまだ原作小説を全巻読破してない者としては、ちょっとハラハラして気になっています。

もかさん☆

どっかで見たかな?

Rated 3.0 out of 5
2022年10月4日

なんだかどこかで見たような感覚、物語を動かすために使う能力の系統が違うだけで、やる事は大差ないのだろうなーという感じがします。

中華風の皇帝・後宮という世界観ながら、見た目から受ける印象はかなり質素で地味な感じです、この辺は今後タイトルに掛かってくる部分なのでしょうか?現状ではまだわからないですね。

キャラクターデザインは肉感を感じさせない少女漫画風のスッキリとしたもので、これもまた印象の薄味化に一役担っています。もう少しデザインにフックを付けたものの方が良い気がしますが、原作が在る物だとそう簡単な話でも無いのかも知れませんね。

音楽も同様、よく言えば邪魔にならない、悪く言えば印象に残らないものです。唯一OPの女王蜂の歌が存在感を示しています。

まとめるとこのままなら印象に残らず凡百の作品として埋もれる、そんな第1話です。第2話目でその予想を裏切ってくれることを期待したいと思います。

カマンベール芹沢

「後宮の烏」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「後宮の烏」の作品情報

基本情報

タイトル 後宮の烏
読み方 こうきゅうのからす
原作 白川紺子
アニメーション制作会社 BN Pictures
アニメ放送期間 2022年10月~
話数 全13話
アニメ放送局 TOKYO MXほか

PV予告動画