ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科-

ヒューマンバグ大学
(C) ケイコンテンツ/「ヒューマンバグ大学」製作委員会
4.5
Rated 4.5 out of 5
5つ星のうち4.5 (合計2レビュー)
★550%
★450%
★30%
★20%
★10%

「ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科-」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

ヒューマンバグ大学テレビアニメ版の個人的な感想

Rated 5 out of 5
2022年12月1日

第三話の伊集院茂夫が登場する回以外はとても面白いと思う。伊集院茂夫の回はやはり原作における迫力がアニメではいまいちだったので、そこがこのアニメの欠点だと思う。
原作と声優が違うのは原作のyoutubeを知ってる者としては、最初は違和感を覚えたが、次第に慣れて違和感もなくなったし、アニメの話が進むにつれどんどん面白くなっていくのがとてもいいです。
特にこのアニメにはサスペンス要素があり、何故佐竹が本当に知恵さんを殺したのか、何か陰謀臭い動きが見えるが彼らの目的がなんなのかとか様々なことが気になり、次回が毎回楽しみになります。
鬼頭丈二や伊集院茂夫それ以外のシリーズ化する前に登場したキャラとの共演も面白いですし、アニメオリジナルキャラもかなり魅力があり良いです。
そもそも原作でもそうですが、本来ならもう死んでいてもおかしくない展開にさらされながら毎回生還を果たす佐竹には驚かせられるし、アニメでもこの最大の魅力がいかされて良かったと思います。
あと次回があるならば、今度は天羽組や京極組、瓜生といった他シリーズのキャラを主人公とした話も作って欲しいので、今後も期待したい作品ではあるとは思います。

佐竹博文

特異すぎる事象が連続で起こる衝撃的な作品

Rated 4 out of 5
2022年11月15日

婚約者を殺害した罪で死刑となった佐竹博文の奇跡的な生き様を中心に、現実に起きた想像を超える事件と絡ませてストーリーを進めていく、とても変わった作品となっています。
奇跡的な事象を研究するヒューマンバグ大学で死刑から生還した佐竹は、ここの研究対象になるわけですが、ここの教授と名乗る人物との対話がこの作品の要となっていて、毎回あっけにとられる結末です。
回ごとに奇妙で不気味な人物が登場し、佐竹と関わっていく過程が凄く印象に残る内容となっています。教授の語る信じられないような事象と絡めて、驚きが多く癖はありますが、感心してしまう作品です。
酷い出来事に合いながらも生き残り続けている佐竹が、どうなっていくのかすごく気になります。独特の絵柄も嵌っていて、何故だか迫力を感じる展開が面白くて夢中になってしまいます。

宗太

「ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科-」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科-」の作品情報

基本情報

タイトル ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科-
読み方 ヒューマンバグだいがく -ふしがくぶふこうがっか-
原作 ケイコンテンツ
アニメーション制作会社 DLE
アニメ放送期間 2022年10月~
話数 全?話
アニメ放送局 TOKYO MXほか

PV予告動画