幻想三國誌 天元霊心記

幻想三國誌
(C) 2021 USERJOY Technology CO.,LTD./「幻想三國誌」製作委員会
4.0
Rated 4.0 out of 5
5つ星のうち4.0 (合計3レビュー)
★534%
★433%
★333%
★20%
★10%

「幻想三國誌 天元霊心記」みんなの感想評価とネタバレ考察

三国志をベースにした戦略RPGのアニメ化で魅せるオリジナルストーリー。

Rated 5.0 out of 5
2023年3月6日

本作の最大の魅力は、三国志をベースにした独自の世界観です。物語の舞台となるのは、三国時代の中国をベースとした架空の大陸「天元大陸」。その上に広がる数多くの国々や勢力、文化が独自の設定で描かれており、この世界を探求することが物語の醍醐味となっています。

また、三国志をベースとしているため、原作ファンはもちろん、新しい展開を楽しみたいという方にもおすすめの作品となっています。

次に、キャラクターデザインが美麗であることも、本作の魅力の一つです。個性的な衣装や髪型、武器など、それぞれのキャラクターに合ったデザインが施されており、世界観と相まって作品の魅力を一層高めています。

また、キャラクターたちの心情や葛藤などが丁寧に描かれており、観る者の感情にも訴えかけてくる演出がされています。

物語の進行に沿って、作戦の立案や兵士の配置など、戦略を考えながら観ることができます。そのため、作品に没入しやすいという魅力もあります。また、ゲーム化されていることもあり、物語に沿ってプレイすることで、より深く作品の世界に入り込むことができます。

良心

習字

Rated 4.0 out of 5
2022年3月22日

回を重ねて見ている内に、だんだんと、はまっていった。今まで見てきて良かった。

二胡の音色も好きだけど、字も良い。

最後まで見たいです。

ノリノリ

音楽

Rated 3.0 out of 5
2022年2月14日

このアニメにおいて心惹かれたのは、中国の伝統楽器である二胡を使用していたことです。同じ弦楽器であるヴァイオリンとは趣の違う音色による調べがなんとも心地がよく、恍惚に近い感覚を聴く度に実感しています。

言うならば、毎回音楽だけを楽しみにしていると言っても過言ではありません。その尺としては大変短く、ほんの僅かな時間であっても、楽しみにするくらいには魅力的です。

中国系アニメの雰囲気を音楽からも感じられるのは、評価の対象として極めて重要であり、つまりは音楽面で魅了された自分は、自ずとこのアニメを高く評価せざるを得ないのです。

作画崩壊も今のところなく、視聴者おいてけぼりの複雑怪奇なストーリーでもない、割と万人受けしそうなアニメです。

まるるり

「幻想三國誌 天元霊心記」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「幻想三國誌 天元霊心記」の作品情報

基本情報

タイトル 幻想三國誌 天元霊心記
読み方 げんそうさんごくし てんげんれいしんき
原作 幻想三國誌
アニメーション制作会社 GEEKTOYS
アニメ放送期間 2022年1月~
話数 全?話
アニメ放送局 BS12

PV予告動画