範馬刃牙VSケンガンアシュラ

範馬刃牙VSケンガンアシュラ
(C) 板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会(C)2023 サンドロビッチ・ヤバ子, だろめおん, 小学館/拳願会2
4.0
Rated 4.0 out of 5
5つ星のうち4.0 (合計1レビュー)
★50%
★4100%
★30%
★20%
★10%

「範馬刃牙VSケンガンアシュラ」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

迫力満点のバトル!

Rated 4.0 out of 5
2024年6月7日

いやー、ついに来ましたね、範馬刃牙とケンガンアシュラの夢の対決!このアニメを見逃すわけにはいかないと、配信開始を待ちわびていました。

感想を一言で言うならば、「これぞ男のバトル!」。各キャラクターの肉体美と、技の応酬が見事に描かれていて、見ているだけで筋肉が震えました。

特に範馬刃牙とトキタオウマの戦いは圧巻でした。刃牙の底知れぬ強さと、オウマの死闘をくぐり抜けた経験がぶつかり合うシーンでは、思わず画面に釘付けになってしまいました。どちらが勝つのか全く予測がつかない展開に、ハラハラドキドキが止まりませんでした。

また、シーンごとの作画のクオリティも素晴らしく、キャラクターの表情や筋肉の動きがリアルに表現されていて、本当にアニメの枠を超えた作品だと感じました。

特に戦闘シーンの迫力は圧倒的で、アドレナリンが出まくりでしたね。音楽もまた最高で、戦闘の緊張感をさらに高めてくれました。

この作品を見て改めて感じたのは、やっぱり「強さ」に対するロマンです。範馬刃牙もケンガンアシュラも、それぞれのキャラクターが持つ哲学や生き様が垣間見える戦いは、本当に心に響くものがあります。強さとは何か、戦うことの意味は何か、そんなことを考えさせられました。

範馬刃牙VSケンガンアシュラは、バトルアニメ好きにはたまらない作品です。戦いのシーン一つ一つに力が入っていて、見る者を決して飽きさせません。アニメファンなら絶対に見逃せない作品なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

闘志

「範馬刃牙VSケンガンアシュラ」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「範馬刃牙VSケンガンアシュラ」の作品情報

基本情報

タイトル 範馬刃牙VSケンガンアシュラ
読み方 はんま バキたいケンガンアシュラ
原作 板垣恵介
監督 平野俊貴
脚本 イシノアツオ
上映日 2024年6月6日〜
上映時間 62分
配信 Netflixにて

作品概要・あらすじ内容

映画『範馬刃牙VSケンガンアシュラ』は、Netflixで独占配信されるアニメ映画です。この作品は、有名な格闘漫画「バキ」シリーズと「ケンガンアシュラ」を原作としており、両シリーズのファンにとって夢のようなコラボレーションを実現しています。主人公の範馬刃牙と十鬼蛇王馬が中心となり、それぞれのシリーズからのキャラクターが登場し、壮絶な戦いを繰り広げます。

映画では、刃牙が地下闘技場の最年少チャンピオンとして、また「地上最強の生物」と称される父・範馬勇次郎との間での葛藤が描かれています。一方、「ケンガンアシュラ」からは、企業同士が利権を賭けた戦い「拳願仕合」に巻き込まれる山下一夫や十鬼蛇王馬の物語が展開されます。

この映画は、アクション満載で、キャラクターたちの魅力が前面に押し出されています。また、格闘技のテクニックや戦略がリアルに描かれており、ファンならではの楽しみ方ができるでしょう。

それぞれのキャラクターの個性や背景が深く掘り下げられているため、新規ファンでも楽しめる内容となっています。Netflixにて2024年6月6日から配信が開始されていますので、ぜひご覧になってみてください。

PV予告動画