海のはじまり

海のはじまり
(C) Fuji Television Network, Inc
4.5
Rated 4.5 out of 5
5つ星のうち4.5 (合計2レビュー)
★550%
★450%
★30%
★20%
★10%

「海のはじまり」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

感動しました

Rated 5.0 out of 5
2024年7月4日

見た後寝る為にベッドに行ったが、なかなか寝ることが出来ずにいました

はっちゃん

忘れられない出会いと別れ

Rated 4.0 out of 5
2024年7月2日

「海のはじまり」は、主人公の月岡夏(目黒蓮)が大学時代の恋人・南雲水季(古川琴音)の葬儀で、彼女が自分の子供を出産していたことを知るシーンから始まります。

突然、自分が父親だと告げられた夏の戸惑いや、葬儀場での悲しみは痛いほど伝わってきました。特に、海ちゃん(泉谷星奈)との初対面のシーンは衝撃的でした。6歳の女の子が突然自分の前に現れ、「夏くんのパパ、いつ始まるの?」と無邪気に質問する姿に、胸が締め付けられました。

恋人の百瀬弥生(有村架純)との関係にも影響を与えるこの状況。弥生が海ちゃんを見て驚きつつも、一緒に遊んであげる優しさが描かれており、彼女の心の広さを感じました。

また、夏が弥生に海との関係を正直に打ち明けるシーンは感動的で、彼の誠実さが伝わってきました。弥生が動揺する中で、夏が「海のことをちゃんと考えようと思う」と決意する場面も印象的でした。

個人的には、目黒蓮さんの演技が素晴らしかったです。特に長回しの別れの電話のシーンは心に残り、涙が溢れました。また、子役の泉谷星奈ちゃんの演技も見事で、海ちゃんの無邪気さと純粋さがリアルに伝わってきました。

大竹しのぶさんや池松壮亮さん、有村架純さんといった豪華キャストも見どころです。設定が重いだけに、時折笑いを誘うセリフがバランスを取っていて、全体的にとても感情移入しやすい作品で、これからが楽しみです!

ナツ

「海のはじまり」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「#海のはじまり」の作品情報

基本情報

タイトル 海のはじまり
読み方 うみのはじまり
脚本 生方美久
ドラマ放送期間 2024年7月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 フジテレビ系

作品概要・あらすじ内容

「海のはじまり」は、2024年7月1日からフジテレビで放送される予定の月9ドラマです。このドラマは、元恋人の死をきっかけに娘の存在を知ることとなった主人公が、父親として成長していく姿を描いた感動的なストーリーです。

主人公の月岡夏(目黒蓮)は、大学時代に交際していた南雲水季(古川琴音)と別れ、そのまま社会人としての生活を送っていました。しかし、7年後、彼は友人から水季が亡くなったという知らせを受けます。

彼女の葬儀に出席した夏は、そこで出会った少女・南雲海(泉谷星奈)が自分の娘であることを知ります。突然の事実に驚く夏ですが、娘との絆を深めるために奮闘し始めます。

一方で、夏の現在の恋人である百瀬弥生(有村架純)との関係も描かれます。弥生は化粧品メーカーで働いており、夏との関係に影響を与える娘の存在を受け入れながらも、二人の絆を強くしていく姿が見どころです。夏の弟・月岡大和(木戸大聖)や、亡き水季の母・南雲朱音(大竹しのぶ)など、家族や周囲の人々との関わりも温かく描かれています。

また、水季の同僚であり、彼女の子育てをサポートしていた津野晴明(池松壮亮)との関係も重要な要素となります。晴明は水季の死後も海を支え続け、夏と海の新たな関係を見守りながらも、複雑な感情を抱いています。

「海のはじまり」は、親子の絆や新たな家族の形を描く、心温まるドラマです。夏が父親として成長し、娘との絆を深めていく姿を見守りながら、家族愛や人間関係の大切さを再確認することができるでしょう。

PV予告動画