科捜研の女シーズン24

科捜研の女シーズン24
(C)tv asahi All rights reserved
1.0
Rated 1.0 out of 5
5つ星のうち1.0 (合計1レビュー)
★50%
★40%
★30%
★20%
★1100%

「科捜研の女シーズン24」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

楽しんで視ている妻を見ていて辛い(泣)

Rated 1.0 out of 5
2024年7月18日

 設定一つ一つを検証したほうがいい。台本お時点で不自然さをベテラン俳優な気づいているはず。訳者はすごい!こんな内容でも、やり切るんだから。新加入の加藤諒はより作品の質を下げている。榊マリコの年齢を偽った役作りが、作品そのものを偽りにしてます。

 

杉下

「科捜研の女シーズン24」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「科捜研の女シーズン24」の作品情報

基本情報

タイトル 科捜研の女 Season24
読み方 かそうけんのおんな シーズン24
ゼネラルプロデューサー 関 拓也
脚本 櫻井武晴 ほか
ドラマ放送期間 2024年7月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 テレビ朝日系

作品概要・あらすじ内容

『科捜研の女 Season24』は、科学捜査研究所(通称:科捜研)を舞台に、法医研究員・榊マリコ(演:沢口靖子)が活躍するミステリードラマです。このシリーズは1999年に始まり、最新の科学技術を駆使して複雑な事件を解決する姿を描いています。

Season24では、新キャラクターの加瀬淳平(演:加藤諒)が登場します。彼は京都市役所から科捜研に派遣された会計係で、ユーモア溢れるキャラクターとして物語に新しい風を吹き込みます。

また、物理担当の君嶋直樹(演:小池徹平)や映像データ担当の涌田亜美(演:山本ひかる)、化学担当の宇佐見裕也(演:風間トオル)など、多彩な専門分野の研究員たちが集結しています。

特に注目すべきは、刑事・土門薫(演:内藤剛志)とのコンビネーションです。彼との連携プレイはますます緻密になり、視聴者を引き込む展開が期待されます。

彼らが直面する事件は、ハイテク犯罪から身近な日常の謎まで多岐にわたり、科学の力で真相を解き明かしていきます。

今回のシーズンでは、科学捜査の魅力だけでなく、キャラクターたちの人間味あふれるやり取りや成長も見どころです。『科捜研の女 Season24』は、長年愛され続ける理由が詰まった、見逃せない作品です。

PV予告動画