社内処刑人~彼女は敵を消していく~

社内処刑人
(C) Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved
3.0
Rated 3.0 out of 5
5つ星のうち3.0 (合計1レビュー)
★50%
★40%
★3100%
★20%
★10%

「社内処刑人~彼女は敵を消していく~」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

彼女の疑念と闘争が生む緊張感

Rated 3.0 out of 5
2024年5月8日

「社内処刑人」を見て、思わず胸が痛くなりました。生駒里奈さん演じるほのかが、職場いじめに直面している様子がリアルで、見ていて辛かったです。

特に、矢野が首を吊った状態で発見されたシーンは、サスペンス以上の何かを感じさせます。副島とのぞみのやり取りも怪しさ満点で、これからの展開に期待が高まりますね。

副島が放った「5年前を思い出す」というセリフが、このドラマ全体の暗い背景を予感させています。どうやら、この会社には過去に何か大きな事件があったようで、それが現在の状況に影響を与えているのかもしれません。のぞみがどのようにこの事態を利用しようとしているのか、その計算高さが見ものです。

さらに、ほのかが病院で前回解雇された黒崎と遭遇する場面も印象的でした。彼から「会ったことを内緒にしてほしい」と頼まれる場面は、彼の置かれている状況が伝わってきて、緊張感が増します。これからのほのかの動きがどう影響するのか、非常に興味深いです。

このドラマは登場人物たちの心理戦が絡み合っていて、それが見どころの一つです。ほのかがこの厳しい状況をどう乗り越えるのか、応援せずにはいられません。次回も目が離せません!

みかん

「社内処刑人~彼女は敵を消していく~」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「社内処刑人~彼女は敵を消していく~」の作品情報

基本情報

タイトル 社内処刑人~彼女は敵を消していく~
読み方 しゃないしょけいにん かのじょはてきをけしていく
原作 タナカトモ つかさき有
脚本 ニシオカ・ト・ニール、藤平久子、灯敦生
ドラマ放送期間 2024年4月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 カンテレ系

作品概要・あらすじ内容

ドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』は、謎多き美女・のぞみ(演:中村ゆりか)が主人公の復讐エンターテイメントです。のぞみがある会社に入社すると同時に、社内で連続する不可解な事件が発生します。

彼女の正体と目的は一体何なのでしょうか?一方で、地味な性格の派遣社員・ほのか(演:生駒里奈)も物語に深く関わっていきます。ほのかは、職場でのパワーハラスメントを背景に持つ複雑な事件の解明を試みることになります。

このドラマは、先が読めない展開と、登場人物たちの内面的な葛藤が魅力的です。特にのぞみの冷静かつ計算高い行動は、見る者を惹きつける要素の一つ。彼女が復讐を遂げるためにどのような手段を選ぶのか、その過程がスリリングに描かれています。

また、関西テレビが新たに展開する「EDGE」というドラマ枠で放送され、その名の通り、斬新でエッジの効いたドラマ作りが期待されています。視聴者は、復讐というテーマを通じて、人間の心理や社会の暗部に迫るストーリーを楽しむことができるでしょう。

PV予告動画