Re:リベンジ‐欲望の果てに‐

Re:リベンジ
(C) Fuji Television Network, Inc
3.8
Rated 3.8 out of 5
5つ星のうち3.8 (合計5レビュー)
★540%
★420%
★320%
★220%
★10%

「Re:リベンジ‐欲望の果てに‐」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

赤楚と錦戸の戦いにドキドキハラハラ

Rated 5.0 out of 5
2024年5月13日

赤楚と錦戸の戦いは見ていて、とてもドキドキハラハラします。赤楚は熱血漢ですので、ストレートで熱い男です。ですので、どこまでも応援したいと思い見ています。

かたや錦戸は謎の男全開で、何を考えているのかわかりません。優秀の外科医でありながら、とにかく赤楚の持っているものを全部奪おうとするところ、そのモチベーションはいったいなんなのか、いまだにつかめていません。

復讐にしては、ある意味紳士的で赤楚を守ったり、元赤楚の恋人から手を引いたりするところは、その意図がよくわかりません。そして、もう一人謎の男会長ですが、彼の目的もよくわかりません。いつも食事を楽しんでいるただのグルメオタクのように見えながら、何かを楽しんでいる姿に恐怖を感じます。どうか赤楚が幸せになりますようにと祈って見続けたいです。

タケ

大友先生の悪い表情がいい

Rated 5.0 out of 5
2024年5月12日

権力に縛られて醜い争いを見てきた主人公が、やむおえず権力争いに飛び込んでいくまでは予想ができたけれど、しばらく眠らされていたり、色々と奪われていたりと、結構現実だったら恐ろしい事が起きていて、マジで権力の虜になった人は恐ろしいなって感じるし、物語に深みが出ているのは、やっぱり大友先生の存在が大きいと思います。

普段は真面目で優秀で、本当にいいお医者さんって感じですが、なにか企んでいるときや海斗を出し抜いた時のニヤケ顔がマジで最高。あの悪人ピッタリの表情は、錦戸さんにしかできないだろうし、大友先生は大友先生で、自分の信念のために動いていると思うと、完全には憎めないですね。それにタイトルの「リベンジ」も、誰目線かで結末が変わりそうなのも楽しみ。

チクタクタックス

病院の権力争いのドロドロした展開が楽しみ

Rated 4.0 out of 5
2024年4月23日

病院のドロドロとした権力争いが過激で楽しめます。1話で襲われた海斗が、数カ月も眠らされていていたことが2話で判明し、あまりにも大胆なやり方に驚きました。

新たに病院に来た医師の大友の存在も、かなり怪しい雰囲気です。何を考えているのかわからないところが、恐ろしいです。海斗と恋人だった陽月が再会した時には、大友の恋人になっているところも驚きました。

新理事長となったおばの市子を演じる余貴美子さんの演技も迫力があります。登場人物それぞれがみんな怪しく、影を持っており、今後どうなるのか予測がつかず楽しみです。主演の赤楚さんは今までは、爽やかな役柄が多かったですが、今回は一転復讐に燃えるダークな役どころで、新境地を感じます。

aoi

サスペンスドラマなので、犯人が誰なのか飽きずに見ていられます。

Rated 3.0 out of 5
2024年4月16日

物語は、復讐のドラマなのかなと思っていましたが、サスペンスドラマなので、犯人が誰なのか飽きずに見ていられます。後継者争いが、ドロドロしていて、サスペンスドラマの王道を行っていると思いました。

俳優は、主役の赤楚衛二さんは演技が、上手なのは本当ですが、影のある役が上手なので、このドラマに合っていると思いました。共演者の錦戸亮さんも演技が上手で、またドラマに帰ってきたのがうれしいくらいです。もう1人の共演者の芳根京子さんは、演技に関しては文句がありません。

音楽はStray Kidsさんが主題歌を歌っていますが、私はStray Kidsさんを知りませんでした。この主題歌の『WHY?』はドラマのために書き下ろされた歌だそうで、力強さを感じます。好きなシーンは、主人公の海斗が彼女の陽月のためにUFOキャッチャーでキーホルダーを取るところです。

丘里リル

つまらない

Rated 2.0 out of 5
2024年4月14日

淡々としてて 1時間が長い

ほよぽよ

「Re:リベンジ‐欲望の果てに‐」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「Re:リベンジ‐欲望の果てに‐」の作品情報

基本情報

タイトル Re:リベンジ‐欲望の果てに‐
読み方 リベンジ よくぼうのはてに
脚本 伊東忍、中村允俊、奥村徹也
ドラマ放送期間 2024年4月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 フジテレビ系

作品概要・あらすじ内容

ドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」は、主人公・天堂海斗が中心の物語で、彼は新栄出版の週刊紙記者として、父が理事長を務める天堂記念病院で起こる事件を追います。

海斗の父との不和、恋人・朝比奈陽月との関係、そして病院で起きる諸問題が物語を彩ります。心臓血管外科医の大友郁弥は、腕利きの医師として病院に赴任し、彼の周りで疑惑が渦巻きます。

このドラマは、単なるリベンジストーリーに留まらず、恋愛やサスペンスの要素を含んでおり、人間の醜さや欲望を描き出しています。登場人物たちが抱える欲望がどのように彼らを変えていくのか、その変化が一つの見どころです。

錦戸亮演じる大友郁弥は、ある思惑を持ちつつ病院に赴任し、その謎めいた行動が物語に深みを与えます。また、芳根京子演じる陽月は、海斗との関係や病院での立場、家族の問題を通じて物語に重要な役割を果たします​​。

「Re:リベンジ-欲望の果てに-」は、人間関係の複雑さ、倫理的ジレンマ、そして個々の欲望が交錯する、緻密に織りなされたドラマです。各キャラクターが直面する試練や選択が、視聴者を引き込む魅力的なストーリーを紡ぎ出しています。

PV予告動画