オリエント 淡路島激闘編

オリエント淡路島激闘編
(C) 大高忍・講談社/「オリエント」製作委員会
4
Rated 4 out of 5
5つ星のうち4 (合計3レビュー)
★534%
★433%
★333%
★20%
★10%

「オリエント 淡路島激闘編」みんなの感想評価とネタバレ考察

内容がしっかりしている

Rated 4 out of 5
2022年9月23日

マギの原作者と同じ、というので知られている作品ですが、私はそれ抜きでも普通に面白いと思っています。現在放送されているのは2クール目なのですが、とにかく1クールから登場人物の設定やバックボーンがしっかり描かれています。
作画もすごく親しみやすく、BSでは遅い時間帯にやっているのですが、ゴールデンタイムにやっていても問題ないくらいの出来です。
EDを今のところ脇役で登場して演じられた声優さんが歌っているのですが、これがとにかく物語に寄り添ってくれていて、本編を見た後にEDを聞くとジーンと来ます。
1クールからすごくアニメ自体も温かいので、王道のストーリー好きには欠かせないですね。安定した作画、ストーリーなので多くの人に見てもらいたいアニメです。

えみ

武蔵とみちるがやばい

Rated 5 out of 5
2022年8月29日

武蔵とみちるがやばいです。個人的に夏アニメのベストクラスのコンビだと思います。まさかここまで心が揺らされると思っていなかったので、今季のダークホースな気がしました。
エンディングもとにかくやばいのですが、みちるの表情がとにかく情感たっぷりなので注目です。みちるにとって武蔵は大切な存在ですが、彼女の持つ宿命が全てをおかしな方向へと進めていました。
もう壊れてしまうのではというくらい、あまりにも辛い展開の数々、その中でもみちると武蔵が互いに守り合うような描写の数々が、ただただ尊いものがあるのでした。
みちるに起きた衝撃展開から、その衝撃は更に更新されて、もうあの表情が忘れられなくて、いまだに強い余韻が残っています。

れれる

出演声優陣が豪華過ぎるアニメ

Rated 3 out of 5
2022年8月14日

「オリエント 淡路島激闘編」は、安芸旅立ち編に続く、1期2クール目のアニメ。
アニメ1期を見た時は、戦国時代に似た世界を舞台に、鬼滅の刃以降増えた敵としての鬼や、なぜか現代文明のバイクが登場したりと、めちゃくちゃな世界観で、正直面白くないと感じた作品でした。
ネット上の感想や評価もあまり良くなかった記憶があるため、2クール目が発表された時は驚きましたが、大ヒット作のマギを執筆した大高忍さんの新作だけに、あらかじめ分割2クール前提で、アニメ制作が行われていたのかもしれません。
2クール目(2期)では、武蔵・鐘巻小次郎・服部つぐみの3人が、巨大鬼神「砲戦竜・八岐大蛇」討伐を目指す上杉武士団と合流し、戦場へ赴く様子が描かれています。
物語のごちゃまぜな世界観に目を瞑れば、上杉武士団や武田武士団との人間関係を含めたドラマは見ごたえありそうで、1期よりは楽しみです。
また、「オリエント 淡路島激闘編」は出演声優陣の豪華さも見逃せない所。主人公の武蔵役を「呪術廻戦」の伏黒恵役や、「弱虫ペダル」の新開悠人役などで人気の内田雄馬さんが担当しています。
さらに鐘巻小次郎役を斉藤壮馬さん、ヒロインの服部つぐみ役を高橋李依さんが演じており、その他にも日野聡さんや下野紘さん、花江夏樹さんなど、豪華過ぎる人気声優が勢ぞろいしています。
声優好きな人にも楽しめるアニメになっているため、この後の展開に注目しつつ楽しんでみたいと思います。

牙神幻十郎

「オリエント 淡路島激闘編」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「オリエント 淡路島激闘編」の作品情報

基本情報

タイトル オリエント 淡路島激闘編
読み方 オリエント あわじしまげきとうへん
原作 大高忍
アニメーション制作会社 A・C・G・T
アニメ放送期間 第2クール(2期):2022年7月~
話数 第2クール(2期):全12話
アニメ放送局 テレビ東京ほか

PV予告動画