メタリックルージュ

メタリックルージュ
(C)BONES・出渕裕/Project Roug
2.4
Rated 2.4 out of 5
5つ星のうち2.4 (合計19レビュー)
★50%
★416%
★342%
★25%
★137%

「メタリックルージュ」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

ダーティペアにもなれず、ピンドラにも遠く及ばず、、

Rated 1.0 out of 5
2024年2月19日

女性バディモノということで、高千穂・ダーティペアの上質なリスタートを期待したのですが、キャラが立っていないですね。

出渕さんの問題なのか監督さんの力量なのかは分かりませんが、、、

mgnag

ボンズも堕ちたか?

Rated 3.0 out of 5
2024年2月16日

悪くないけど盛り上がらない、微妙過ぎて語ることがないくらい話が面白くならない…

せっかくの作画クオリティが泣いてるくらい勿体ない。

流石にオリアニはもうきついのか

HGウェルズの宇宙戦争で最も活躍した兵器は病原体だった

Rated 4.0 out of 5
2024年2月8日

宇宙戦争でネアンが活躍したという事は、ネアンには感染しないけど、宇宙人には感染する病原体なのかも。

というのはさておき、5話で、敵対的では無いのになぜ倒すのという問いかけは出てきた。簒奪者の関係者(でも宇宙人じゃ無い)も出てきた。風呂敷がまた広がったが回収はなし。

序盤でピアノ弾いてる背後にいたカオナシみたいな半透明のやつが宇宙人かな

レトロフューチャーに宇宙戦争と変身ヒーローを混ぜた結果、消化不良を起こした

Rated 1.0 out of 5
2024年2月8日

ビジュアルと音楽はいいと思うが、設定の消化不良に加えて、説明不足のため作品の世界観に入っていけないし、シナリオ構成も悪い。

まず、主人公たちの行動の動機がよくわからない。プロトネアンのイモータルナインを倒す?1話で倒したサラとか、人類に敵対的じゃないし、理由なくね?人類に敵対的なネアンの組織の幹部だから、とか敵対組織が前面に出ているなら分かるけど、この段階では出てきてないし、サラは構成員ではなさそうだし。倒した後に「イド」とかいう球状の物体を抜き取っているようだが、人間に置き換えるなら、殺した後に心臓か脳を抜いてる感じでしょ?なぜそんなことをする必要があるのか、全く語られていないし、主人公サイドの上層部にはなんか後ろ暗い目的がありそう。

主人公の片方、ナオミはルジュを導いていくけど、イモータルナインのプロファイルを把握しておらず、俯瞰的に見てものすごく無能に見える。2話で同じバスの中にイモータルナインがいても気づかないし、この回は3人くらいイモータルナインが出てるんだけど、ナオミは全く気付いていない。ターゲットの容姿を把握せずに殺しに赴く殺し屋って意味不明、段取り悪すぎでしょう。ナオミが子供たちに、かつての「簒奪者」との宇宙戦争で最も活躍した兵器は?みたいな質問をして、子供たちは「ミサイル」「ビーム」とか言うけど、ナオミの答えは「ネアン」。でも、その理由を語ってないよね?ネアンは、宇宙空間を超音速で飛翔し、戦艦の破壊が可能な攻撃力を有するとでも言うのか?グラディエーターでもないただのネアンがそんなことをできるとでも?もしそうなら、グラディエーター同士が戦うシーンでは、都市の1つぐらい消し飛んでないとおかしいでしょ。そもそも、戦場で使い捨てる兵器に自我とか生命が必要か?むしろ、有ったら欠陥では?

なんかこう、設定面を考え出すと違和感・不整合・ツッコミしか湧いてこない。SF的なよくできた世界観だなーとは微塵も思わないので、頭は空っぽにして「ルジュー、がんばえー」って感じで見るのが正しそう。最後まで視聴するとは思うけど、面白いから続きが気になるとかじゃなくて、読みかけの推理小説を放置できないみたいな後ろ向きな理由ですね。

ChocoPi

4話から宇宙人が消えた

Rated 3.0 out of 5
2024年2月4日

ついに、宇宙人と言わなくなった。

どこへ行った

OPでブラックホール間近で見てるけど、ヤバくね?

Rated 3.0 out of 5
2024年1月31日

AD2128って設定だけど、100年間で火星をテラフォーミングして、宇宙人と戦争して、平和を取り戻すって無理がありそう。まあ、その無理を通す為の宇宙人技術なんだろうけど、肝心の宇宙人が作中にいない(実は紛れている?)

こう言うのって、実在の理論とか参考にしないんだろうね。一応、設定考証はいるらしい。

AD3028の方がしっくりきそう

現代の倫理感だと差別って変だけど

Rated 3.0 out of 5
2024年1月31日

100年後だと倫理感が逆行するとか?

元ネタの「アンドロイドは(略)」はキング牧師が暗殺された年の出版だから、差別意識は残っていたと言えるけど。

時代背景が違うよね

悪くないが・・・

Rated 4.0 out of 5
2024年1月31日

ヒーローもの?

戦士のデザイン良い

戦闘シーン良い

特に革命的だったのが蛍光色のデザイン性、巨大ロボットテイストのスーツを着た等身大サイズのヒーローは今までいなかったから新しいものは作れたと思う

でも3話まで見てみてストーリー転回が盛り上がらない

こういうのは多くの仮面ライダー作品を見て来たからわかるのだけど、ヒーロー系作品の序盤はどれも似た現象が起きる。

それは最初の数話はキャラ立ちもしてないし悩みも明確じゃないし。社会問題を目の前にして絶望もしてないから、どうでもいい存在が愛され切れてない。どうでもいいキャラが悩んでてもどうでもいいで終わってしまう。愛されるキャラクターが絶望を前に希望を失わず強い意志を示して戦う姿、それらがすべてそろって初めて格好よさにつながる。

なので3話時点だとまだまだ助走段階、ただ3話あれば視聴者は離れてしまうと思う。13話見終わる頃には主人公のヘイト値が限界まで高まってふざけた世の中に対して全力で立ち向かうヒーロー像が提示されると思う

そのときになってやっと正しい評価を受ける作品

お前は俺

1話だけ観た時点での感想です

Rated 3.0 out of 5
2024年1月31日

冒頭のシーンからして、味わい深いと思う。心から!!これは絶対良いSFアニメ!!! そんで、1話のエンディングまで、とにかく非の打ちどころがありません!!! 素晴らしすぎる完成度!!! なのですけれどね、、

ただ、個人的に思ったのは、「うーん、これ、10年前か20年前ならOKだったシナリオでは?」「今の時代の肌感覚にあってない。」「こんな未来は今現在の先にはあり得ない」「パラレルワールドと考えればまあ楽しめるかな?」です。

なんか、こう、当たり前のように、体が機械である以外は、私たちと同じ人間である人造人間が、人間ではなく、ゴミ屑扱いされているというのは、この現実の世界線上では、ほとんどあり得ないと思います。そんなアホバカくそぼけな未来などあってたまるか!!!製作者は、今生きている人たち、私たちふつうの人々と、さらに言えば、今の世界をリードしている知識人たちを、愚弄しているだろう。まあ1980年代くらいからの未来なら全然あり得ただろうけれど!! だから、この現実の地球の2024年からの未来ではなくて、それ以外のパラレルなんだよなぁと仮定すれば受け入れられる。

最近のアニメ作品のトレンド、、なんでSFよりもファンタジーの方がメジャーなんですかね?という問いの答えが、この作品を観て改めてわかった。「近未来の世界」という設定だと、私たち視聴者は、どうしても今現在現実のことからで評価しがちだが、そこがファンタジー異世界ということだと、頭からっぽにして楽しめる。

KE

宇宙人設定いるの?

Rated 3.0 out of 5
2024年1月26日

何度も出てくる、嘗て戦った宇宙人、しかし作中に宇宙人らしきものは存在しない。

別に地球人どうしの争いでも良かったのでは?

ここまで宇宙人設定推しと言うことは、何れ登場するんだろうけど。

逆に世界観に合わない様な。

宇宙人と戦って勝てるような文明レベルに見えない

宇宙人も出るの?

Rated 3.0 out of 5
2024年1月18日

2話で「来訪者」と「簒奪者」という2種族の宇宙人が過去に来たと言う会話が出てきて、いよいよ設定が迷走してきた感じ。

近未来の設定かと思ったけど、宇宙人と戦争ってなると一体何年位の歴史になるんだろう。

とにかく分からない事だらけ。

ちゃんと回収されるんだろうか。

たまに回収されないまま終わるのあるよね

古臭い

Rated 1.0 out of 5
2024年1月18日

未来の話なのにキャラやセリフが古臭くてとにかくダサい

全てに手垢のついた

Rated 1.0 out of 5
2024年1月16日

まあ対象年齢が私みたいな中年層ではないのだろうし、10代、20代にはブレードランナーみたいな世界観もナイフペロペロ丸メガネサイコパステロリスト(このキャラクターのデザイン、演技全てが既視感あり過ぎで、おまけにダサくて視聴欲9割溶けました。)謎めいた美少女主人公(話が進むとピンチで謎能力が暴走したり、自分の為したことの成否の狭間で悶絶しそう)が新鮮に映るのだろうけど。わかり易い記号は散りばめておいたから、説明は最低限でいいでしょ?みたいな演出も記号のベタさと1話時点で開示されていない謎単語の比重が悪く20分少々の時間が冗長に感じる。凝ったアクションシーンが唯一の見どころに感じるけど、それさえ予定調和のなかにある。(あー残り分数これぐらいだから、そろそろアクションシーン入るのかなぁ〜みたいな。)

すごいスタッフが集まって作ったボンズ記念作品なのに何一つ新味が感じられない。クリエイターの皆さま、最低でも未来都市=ブレードランナーみたいな世界観はもうやめませんか?

酒粕

ブレードランナー+トータルリコール

Rated 3.0 out of 5
2024年1月16日

タイトルで全部言っちゃった。

方向性としては好きですが、1話じゃ全然見えて来ないです。

PKディックは読んでました

古式ゆかしいオタクだから刺さった

Rated 4.0 out of 5
2024年1月11日

ストーリーに関しては他の皆様のご指摘の通り

ただそれ以外、特に戦闘シーンに関しては久しぶりに当たりを見られた気がする

アクセルワールドやスタードライバー的な変身格闘とロボットらしいギミックありの戦闘が見たかったから嬉しい

よくわからない

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

時代背景とか設定とか、終始わからないまま進み1話終了。これから明かされるのかもしれないけど、そこに辿り着くまで分からないまま進むのがしんどい。内容が難しい。人間VS高知脳AIかと思ったがロボット同士で戦ってる。ロボットの正義側と悪側ってこと?浅すぎる。これは段々自分が正しいのか判断できずに落ちていくパターンでは?伏線というよりかは明かされない謎にイライラする。ナレーション入れて欲しい。そうじゃないならこれは映画とか小説向けな内容かな。続けられるエネルギーないので切ります。ごめんなさい。

ミサ

起伏に欠ける第一話。これで切るなって方が無理でしょ

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

↑以上のことを書く必要がない。

ああああ

絵はきれいだが

Rated 1.0 out of 5
2024年1月11日

内容は昭和時代のロボット格闘モノ。

がーさん

古式ゆかしいオタク様式

Rated 2.0 out of 5
2024年1月11日

ブレードランナーのオマージュに始まり、何処かで観た映像や設定のオンパレードで、学生の自主制作か同人作品のよう。オタクの内輪受けや古臭い厨二設定が好きな人ならハマるかもと言った程度で、広く一般に受ける作品ではない。

古参

「メタリックルージュ」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「メタリックルージュ」の作品情報

基本情報

タイトル メタリックルージュ
監督 堀元宣
アニメーション制作会社 ボンズ
アニメ放送期間 2024年1月〜
話数 全?話
アニメ放送局 フジテレビ「+Ultra」にて

作品概要・あらすじ内容

「メタリックルージュ」は、ボンズ製作による日本のテレビアニメ作品です。このアニメは、人間と人造人間が混在する世界を舞台にしており、主人公の人造人間少女ルジュ・レッドスターと彼女のバディ、ナオミ・オルトマンが火星での任務にあたる物語です。彼らの任務は、政府に敵対する9人の人造人間「イモータルナイン」の殺害です。

この作品は、ボンズ25周年を記念するオリジナルテレビアニメであり、出渕裕とボンズが以前に共同制作した「ラーゼフォン」以来19年ぶりの再タッグを実現した作品でもあります。放送は、2024年1月からフジテレビの「+Ultra」枠他で開始されました。

宮本侑芽さんはルジュの役で、初挑戦となるバトルシーンの収録に刺激を受けたと語っており、彼女が演じるルジュが躍動する姿に特に注目が集まっています。

また、アニメのデザイン面では、竹谷隆之氏がメインキャラクターのデザインを担当し、変身形態「メタルルージュ」の雛形も作成しました。このデザイン作業は、立体と平面の両方で検討され、アニメの作画に合わせてデザインから線を減らすといった調整が行われました。

グラディエーター以外のデザインにもプロフェッショナルなスタッフが関わっており、乗り物のデザインなども細部まで考慮されていることが特徴です。

「メタリックルージュ」のアニメは特撮ファンにも楽しめる作品であり、女性らしさと戦闘的な要素を融合したキャラクターデザインが特徴的です。

PV予告動画