虚構推理

虚構推理
(C) 城平京・片瀬茶柴・講談社/虚構推理2製作委員会
3.5
Rated 3.5 out of 5
5つ星のうち3.5 (合計2レビュー)
★50%
★450%
★350%
★20%
★10%

「虚構推理」みんなの感想評価!面白い?つまらない?

怪異が絡む独特のミステリー作品

Rated 4 out of 5
2022年11月15日

妖怪や幽霊などの怪異を認識できる岩永琴子と桜川九郎が、怪異が関係する事件を解決していく伝奇ミステリー作品になっています。あくまでも現代のお話に怪異を付け加えたものですから、禍々しさはほとんど感じません。
事件を解いていく上で怪異が関係してくるため、超常現象が当たり前に出てくる斬新な展開がこの作品の見所です。琴子と九郎のドタバタ的な恋愛模様もついて回っていて、様々な楽しみ方ができる内容にもなっています。
このシーズンでは”鋼人七瀬”という幽霊のような存在が起こす事件をどう解決するのかがメインとなっていて、九郎の元カノである弓原紗季も加わって試行錯誤しながら話は進んで行きます。
2人の特殊能力を駆使して事件の裏にいる人物との対決が見ごたえのある展開でした。風変りなストーリーですが、キャラクター達の役割がしっかりしているので、見やすくて楽しめる作品となっています。

宗太

変わった話です。

Rated 3 out of 5
2022年10月13日

ミステリーやホラー系を見飽きた方なら面白いかも知れませんが、正直好みは分かれるなと思います。というのも、原作漫画もそうですが、話が結構長いんですよね。
主人公の特殊な能力というか、特殊な事情で妖怪の神として妖怪絡みの問題を解決していくのですが、タイトルの通り虚構の推理を大々的に披露して解決を図るのですが、その根拠となり得る材料や実証があったりなかったりと、エピソードによってばらつきがあります。
まあ、ファンタジーなので個人的には面白いと思っているので全話、全巻みましたが、理詰め的なのがお好みの方には向かないかも知れません。
ただ、虚構である事をいかに真実として影響を与えていくか?や、それを押し通すだけの雄弁さが見ものでもあるなと思っています。
だって現実世界でも嘘が真実になることもあるじゃないですか(笑)そういったようにみると意外にも関心できるポイントが多いので、1話目を試しに見てほしい作品でもあります。

アメフラシ

「虚構推理」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「虚構推理」の作品情報

基本情報

タイトル 虚構推理
読み方 きょこうすいり
原作 城平京、片瀬茶柴
アニメーション制作会社 ブレインズ・ベース
アニメ放送期間 2020年1月~3月
話数 全12話
アニメ放送局 テレビ朝日ほか

PV予告動画