降り積もれ孤独な死よ

降り積もれ孤独な死よ
4.0
Rated 4.0 out of 5
5つ星のうち4.0 (合計2レビュー)
★550%
★40%
★350%
★20%
★10%

「降り積もれ孤独な死よ」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

見ていると怖いのですが、どうなるのか見たい気もします。

Rated 3.0 out of 5
2024年7月19日

語は第1話から暗闇の家の中を捜索しているので、怖いのですが、犯人が誰なのか、子供たちがどうして白骨死体になったのか、見たい気もします。また、話しが異常な気もしますが、出演者の演技力の高さで、見ていることが出来ます。

俳優は主演の成田凌さんは演技力が高くて、成田さんのドラマはずっと見ているので、今回も大丈夫だと思います。また、蓮水花音役の吉川愛さんと瀧本蒼佑役の萩原利久さんはドラマの「真夏のシンデレラ」で恋人同士役だったので、今回は2人とも謎の多い役で、どんな役でもできる俳優で見応えがあります。

音楽は主題歌をあいみょんさんが歌っていて、春のドラマの「アンメット」もあいみょんさんが担当していて、歌の意味がそういう意味だったことを知り、今回の「ざらめ」もどんな意味があるのか興味津々です。

丘里リル

本格的なミステリーで面白い

Rated 5.0 out of 5
2024年7月12日

13人の子どもの白骨死体が見つかるという、恐ろしい事件の真相が謎に包まれており、本当に先が読めず面白いです。当時子供たちだけで何が行われていたのか、まだまだ分からず、灰川家の中は異様だったと思われます。

証言によると虐待されていたという子供たちばかりのようですが、彼らにとって灰川は父親のような存在だったというのも、子供たちの悲しい背景が感じられてしんどかったです。

子どもたちの生き残りとして、刑事の冴木に接触する花音も、かなり怪しい雰囲気を醸し出しています。冴木自身は灰川邸の事件後に掲示を辞めているようですが、その理由も気になるところです。現在の少女失踪事件が、過去の事件とどうつながっていくのかも見どころになりそうです。

aoiblues

「降り積もれ孤独な死よ」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「#降り積もれ孤独な死よ」の作品情報

基本情報

タイトル 降り積もれ孤独な死よ
読み方 ふりつもれこどくなしよ
原作 井龍一
脚本 橋本夏
ドラマ放送期間 7月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 読売テレビ・日本テレビ系

作品概要・あらすじ内容

『降り積もれ孤独な死よ』は、読売テレビ・日本テレビ系で放送されているドラマです。このドラマは、孤独と死をテーマにしたシリアスな物語です。

物語の中心となるのは、主人公の佐藤英輔(さとう えいすけ)です。彼は中年の警察官で、日々の業務に追われながらも、ある日突然発見された遺体に関する捜査に乗り出します。遺体は一見普通の事故死のように見えましたが、英輔はその背後に潜む複雑な人間関係と、隠された真実を徐々に暴いていきます。

英輔の相棒として登場するのは、若手刑事の田中美咲(たなか みさき)です。美咲は鋭い洞察力と強い正義感を持ち合わせた女性で、英輔と共に事件の真相に迫ります。二人のコンビネーションは抜群で、時には対立しながらも、互いに信頼し合いながら捜査を進めていきます。

物語の鍵を握るもう一人の登場人物は、被害者の兄である木村裕二(きむら ゆうじ)です。裕二は弟の死に深い悲しみを抱えつつも、英輔たちの捜査に協力します。彼の協力が事件解決への糸口となる一方で、裕二自身も何か大きな秘密を隠しているようです。

ドラマの見どころは、緻密に描かれた人間関係と、予想外の展開が続くストーリーです。また、孤独や死に対する登場人物たちの感情描写も丁寧で、彼らの葛藤や成長がリアルに伝わってきます。

PV予告動画