CLANNAD

CLANNAD(クラナド)
(C) VisualArt’s/Key/光坂高校演劇部
4.8
Rated 4.8 out of 5
5つ星のうち4.8 (合計6レビュー)
★583%
★417%
★30%
★20%
★10%

「CLANNAD」みんなの感想評価とネタバレ考察

繰り返し見れる「人生」

Rated 5 out of 5
2021年10月6日

この作品は日常系のアニメが好きな方は一期、感動するアニメが好きな方は二期がおすすめな作品である。
ぶっちゃけるとこの作品は一期の中でも感動はできるが、一期の頃は学生生活が主軸となるため、よく言われる「クラナドは人生」と呼べる要素は少ないと個人的には考えている。
忙しい方やクラナドに興味を持っているが、絵が苦手な方は二期だけ見ても全体の話は見ていてわかるような構成になっている。なので、二期を見て詳しい人間関係や設定を見たいという人は一期に遡ることをお勧めする。
印象に残ったシーンというか重要なシーンである「人の願い」については繰り返し見ないとわからない大きな伏線。
作中に時々、ロボットとヒロインによく似た少女が現れる回想シーンの様なものがあるが、それ等のシーンに関しては個人個人で考察出来る程、謎めいていて神秘的だった。
学生時代を経て一つの家族になっていく今作は、時間がある時に視聴してほしい。流し見をすると重要な伏線に気づかない可能性があり、物語がよくわからないまま最終回を迎える事になる。
繰り返し見ることで理解度が高まり、最後なぜあの人物が救われたのかがわかるようになるため、複数回見てほしい作品です。

らっくん

これこそ人生!色んな事が主人公を成長させる!

Rated 5 out of 5
2021年10月6日

圧倒的美麗な作画で物語を丁寧に描いています。声優さんが一人一人、マッチしていて、熱演してくださったのも、評価が高いです。
アニメでは出産までリアルに描くことはないのに、あえて挑戦している作品。主人公の朋也がヒロインの渚に惹かれていくシーンや、他サブヒロインなどの朋也を好きになる気持ちもきちんと描いています。
朋也には複雑な家庭環境があり、親との関係性、朋也の暗い心情、それをヒロイン渚がきちんと包み込んでくれる、とても暖かいシーンもあり、思わず私も泣けてきてしまいました。
ヒロインとの死別はとても斬新で、見てるこっちもクライマックスがどうなるかわかりませんでした。朋也がそこで育児放棄をするというクズっぷりを発揮するのですが、それもまた新鮮で。ですが、「人生」なのできれいな所だけじゃない事を教えてくれます。
最後は2次元ファンタジー要素もうまく絡んできて、すっきりとしたハッピーエンドでとてもよかったです。
もし続編が出てくれるのなら絶対に見ます。おじいちゃんおばあちゃんになった彼らでも、楽しんで視聴することが出来そうです。

リン

親子とは何なのかがわかる作品

Rated 4 out of 5
2021年8月3日

一般の人は初めて見る時に、この作品の印象はザ萌えアニメと分類することでしょう。でもそれは大きな誤解です。かなり奥が深い作品に仕上がっています。
智也という主人公が病気により留年している渚と出会ったことで物語が展開するのですが、本当に泣かされました。2人は結ばれるのですが、渚が病に倒れて亡くなってしまう場面は、絶対に涙なしには見れません。
2人の子供である潮がすごくいい子に育っているので、それを見ていると尚のこと涙腺が崩壊してしまいます。たくさんの出来事が学園やその他で巻き起こっていくのですが、すごくキャラクターたちに愛情を抱くことになることは間違い無いと思います。自
分は初めキャラデザに嫌悪感を抱いていましたが、見ているうちにそれは無くなりました。

ハーバー

恋愛あり、笑いあり、涙ありの日常系アニメ

Rated 5 out of 5
2021年7月30日

物語としては、不良でくすぶっている主人公が学校生活の中でヒロインに出会い、恋をするというような感じです。学校生活でのストーリーと、続編で結婚して子供を授かるストーリーまであって、主人公とヒロインに感情移入しながら、その人生を追っていくような構成になります。
作画はよくある目が大きい、苦手な人は苦手な作画であるかもしれませんが、ー自分もその一人ではありましたがーそんなもの関係ないと思えるくらい物語に引き込まれます。キャラも、一人ひとり濃厚で、飽きることがありません。
わからない人には何言ってんだといわれるかもしれませんが、自分の中の名言があります。それと便座カバーです。これは見てもらえればわかります、絶対笑いますから。二作完結しておりますので、一気見したい人にもおすすめできます。ぜひみてみてください。

りえ

人生

Rated 5 out of 5
2021年7月16日

名高い京アニ作品の中でも、いまだこのアニメを最高傑作と言う人が多いCLANNAD。私もそのひとりである。俗に「CLANNADは人生」などと表現されるが、この言葉は過言ではなく、岡崎朋也という男の人生を長いスパンで描ききっている。
1期は各キャラの個人回が続き、主人公と周りのキャラたちの関係とキャラの過去が描かれており、2期中盤からメインヒロインのルートにフォーカスされていくという構成になっている。
しかし、はっきり言ってこのアニメ(原作もだが)は2期のアフターストーリーのためにあると言って問題はない。高校生だった主人公たちが家庭を持つまでの流れ、そしてそこからの展開・結末。主人公たちの葛藤や成長が壮大なスケールで描かれている。
この作品は何度も、そしていろいろな年齢で見返すことをおすすめする。見るたびに注目するキャラが変わって、新しい発見につながるからである。ぜひ何度も見てこの作品を楽しんでもらいたい。

まあちゃん

人生に迷ったらこのアニメを一度見てください!

Rated 5 out of 5
2021年7月16日

このアニメは人生そのものだと思います。ストーリー的には、面白いシーンがあったと思っていたら、その後感動のシーンがあって、シーンごとに心が動かされて良かったです。
特に印象的に残っているシーンは、創立祭の演劇のシーンです。渚ちゃんがステージの上で思い積もった気持ちが爆発して泣き出してしまい、演劇ができないかと思っていたら、体育館の一番後ろからお父さんの叫んでいる声が聞こえてきました。
それから朋也君の応援の声がしてきました。それに合してみんなも応援してくれました。その応援のおかげで最後には、演劇を無事に成功しました。仲間の応援の力は、すごいということが分かりました。
作画に関しては、さすが京アニさんです。すごく綺麗で良かったです。最後に続編があるとしたら、2期の最終回の後、家族3人の幸せな日常を描いて欲しいです。

ネコッチ

「CLANNAD」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「CLANNAD」の作品情報

基本情報

タイトル 第1期:CLANNAD -クラナド-
第2期:CLANNAD 〜AFTER STORY〜
読み方 第1期:クラナド
第2期:クラナド アフターストーリー
原作 Key / ビジュアルアーツ
アニメーション制作会社 京都アニメーション
アニメ放送期間 第1期:2007年10月~2008年3月
第2期:2008年10月~2009年3月
話数 第1期:本編22話
第2期:本編22話
アニメ放送局 TBSほか
声優(CV)・キャスト 岡崎 朋也役:中村悠一
古河 渚役:中原麻衣
藤林 杏役:広橋涼
一ノ瀬 ことみ役:能登麻美子
坂上 智代役:桑島法子
伊吹 風子役:野中藍
宮沢 有紀寧役:榎本温子
藤林 椋役:神田朱未
春原 陽平役:阪口大助
相楽 美佐枝役:雪野五月

あらすじ・ストーリー

進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。

そのためか、校内では浮いた存在になっていた。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。

引用元:「CLANNAD」公式サイト

PV予告動画

「あにかつ」管理人

うさうさ
3度の飯よりアニメ好き!日本が世界におすすめできるアニメの評価、レビュー感想をまとめています。このアニメは面白かった!感動した!という作品があれば、ぜひコメントください。