ヴァニタスの手記

ヴァニタスの手記
(c)望月淳/SQUARE ENIX・「ヴァニタスの手記」製作委員会
5
Rated 5 out of 5
5つ星のうち5 (合計3レビュー)
★5100%
★40%
★30%
★20%
★10%

「ヴァニタスの手記」みんなの感想評価とネタバレ考察

第二シーズンが気になってしょうがない!

Rated 5 out of 5
2021年9月22日

アニメの進行が速かったんで、一体どこまでやるのか、原作を追い越さないかとても不安でしたが、分割2クール!とても丁寧に原作を損なうことなく、しっかり作られたアニメだったので楽しみです。
各キャラクターの声優もピッタリ、作画はキレイ、アクションもいいし、ギャグとシリアスとホラー調の演出もいいし、第1クールは文句なしのアニメだと思います。オープニングとエンディングも『ヴァニタスの手記』の世界観を表していて良かったです。
合間合間の曲もストーリーを見事に盛り上げています。第2クールは『ヴァニタスの手記』にとってのかなり重要な話なので、それをどのように演出するのか、新キャラの声優は誰でどんな声で話すのか、見所も沢山あるので、今からとてもワクワクしています。

名木トウヤ

絢爛豪華なパリの裏側

Rated 5 out of 5
2021年8月28日

パリの風景がとても美しいです。とてつもないこだわりを感じます。アニメ本編はとても美しいですが、オープニングも凄いです。私はあまりパリに詳しくはないのですが、パリの有名な観光地がたくさん出てくるので、パリが好きな人はオープニングから楽しいと思います。
次々出てくる新キャラもイメージに合っていて、見ていて楽しいです。女性キャラは可愛いし、男性キャラはかっこいい。ルスヴン卿、本当にかっこいいです。意外だったのはオルロック伯爵。部下の兄弟吸血鬼も含めて、「絶対この人たちいい奴だ」っていう声でした。
あんまり出てこないモブって、声とイメージ合わないことも多いんですけど、この三人はぴったりでした。イケメンの風が吹いてるドミもかわいい。ドミの吊るされるシーンはアニメの方がマイルドです。ホラー系なシーンはアニメの方が怖いです。漫画と比較しながら何度も楽しめます。

名木トウヤ

吸血鬼の呪を吸血鬼と人間がコンビを組んで解決していきます。

Rated 5 out of 5
2021年8月19日

19世紀のフランスが舞台となっていて、蒸気船が発達していて、主人公のノエが旅行に使っていたのも空を飛ぶ蒸気船に浮かれているのは可愛かったです。
人々の服装はヴィクトリア朝で技術革命時代のような雰囲気もあるし、吸血鬼が存在するというファンタジー要素もあり、リアルに近いけど異なる世界なのが不思議な魅力を放っています。
ヴァンピールと呼ばれる吸血鬼が真名を奪われて凶暴化して、血を啜ってしまう事件が発生して、ノエが偶然、その病気になった女性を助けた事により、ノエが探していたヴァニタスの書を持つ青年と出会い、物語が動き出します。
その青年は書と同じ名前のヴァニタスと言い、ヴァンピールの病気を治すと豪語していて自信たっぷりだけど、何か訳ありのようで病気を治す事が復讐だとも言っているので、真実を知るのが楽しみです。
ノエはそんなヴァニタスに興味を持って一緒に行動するけど、自身も幼い頃に幼馴染のヴァンピールを呪持ちだと殺されていて、トラウマになっているのは可愛そうでした。
ヴァニタスの力があれば助けられると希望を持っているけど、手遅れな状態の者は灰にしてしまって憤る事もあって、素直な感情を見せてくれて、感情の起伏が激しいのは楽しめます。
ヴァニタスが襲って来たジャンヌに恋をしてしまって、ノエの胸がモヤモヤしているのがキュンとします。ノエは恋が分からずにヴァニタスに直接聞いてしまうのは可愛いし、ヴァニタスも分からないと答えるけど、ジャンヌには特別な感情を持っていて、キュンとしますね。
ヴァニタスが使っている情報屋や、ヴァンピールの偉い人達とも交流があるし、ヴァンピール達が住む世界に行ったりして、世界観が広がっていくのはワクワクします。仮面舞踏会での事件や真名を奪うシャルラタンに、黒い影を調べるために動きだすノエとヴァニタスが次はどんな事件を解決するのか楽しみです。
主人公のノエを石川界人さん、ヴァニタスを花江夏樹さんと人気声優さんが務めているのも魅力的だし、他のキャラクターも水瀬いのりさんや茅野愛衣さんなど、人気声優さんが担当しているのも凄いです。
主題歌もノスタルジックでスチームパンクの世界を表しているので、アニメの世界観に合っていて、より物語の世界へと引き込まれます。2クールの制作が発表されているので、ヴァニタスの書の秘密や蒼月の呪について、謎が明かされる事が期待できるので楽しみです。

akira

「ヴァニタスの手記」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「ヴァニタスの手記」の作品情報

基本情報

タイトル ヴァニタスの手記
読み方 ばにたすのかるて
原作 望月淳
アニメーション制作会社 ボンズ
アニメ放送期間 2021年7月~
話数 全24話
アニメ放送局 TOKYO MXほか
声優(CV)・キャスト ヴァニタス役:花江夏樹
ノエ役:石川界人
ジャンヌ役:水瀬いのり
ルカ役:下地紫野
ドミニク役:茅野愛衣
先生役:石田彰
ムル役:小牧未侑
ダンテ役:木内太郎
ヨハン役:遊佐浩二
リーチェ役:久間梨穂

あらすじ・ストーリー

これは、滅びゆく吸血鬼たちの物語。人間と吸血鬼が存在する19世紀フランス。吸血鬼の青年ノエは、吸血鬼に呪いを振り撒くという魔導書“ヴァニタスの書”を探しにパリへ向かっていた。

途上の飛空船の中でノエはある事件に遭遇。ノエの前に現れたのは、吸血鬼の専門医を自称する人間ヴァニタスで、彼の手にはノエが探していた呪いの魔導書“ヴァニタスの書”があり…。

二人の出逢いにより、呪いと救いの吸血鬼譚が幕を開ける―。

引用元:「ヴァニタスの手記」公式サイト

PV予告動画