SHIROBAKO

SHIROBAKO
(C) 「SHIROBAKO」製作委員会
4.5
Rated 4.5 out of 5
5つ星のうち4.5 (合計2レビュー)
★550%
★450%
★30%
★20%
★10%

「SHIROBAKO」みんなの感想評価とネタバレ考察

熱いアニメ作りの物語

Rated 5 out of 5
2021年7月14日

放送中、途中からの視聴でしたが一気にハマりこみ、有料の配信サイトに登録して1話から視聴し直しました。
「アニメってどうやって作ってるの?」の全てが詰め込まれた味わい深いアニメで、楽しい仕事ではあるけれど、その分ものすごく苦労をしてひとつのアニメを作っているんだ、というのが痛い程伝わってきます。
特に、前半で作っていた「えくそだすっ!」という作品の最終話で、走る馬の大軍を描かなければならないシーンで、「作画量だけでも凄まじい量なのに、さらに馬が描けるアニメーターなんかスっと見つからないよ!」と大ピンチになるのですが、主人公にして制作進行を務める宮森あおいが、窓際族となっていた伝説のアニメーター・杉江を抜擢し、皆の輪に混ざって楽しくアニメを作る姿は感動的でした。

もんもこ

働く女の子シリーズの傑作

Rated 4 out of 5
2021年7月14日

PAワークスのはたらく女の子シリーズの本作品は、アニメ制作会社で働く宮森を主人公としてアニメを作る大変さを描いたアニメである。SHIROBAKOを語る上ではストーリーについて触れないわけにはいかない。
2クールに面白いシーン・考えさせられるシーン・泣けるシーンなど、いろいろな話が詰まっている。
それらがアニメ制作という筋に乗っかっているため、不自然さや無理矢理感がなく、全体のストーリー・個別のストーリーという、どちらの観点からも完璧と言える稀有なアニメだ。
そして何より作品を彩る多種多様なキャラが全員人間味にあふれており、最後には全員が好きになっている。宮森の成長とともに各キャラの成長を見るだけで、たくさん学べるものがあるとてもいいアニメである。

まあちゃん

「SHIROBAKO」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「SHIROBAKO」の作品情報

基本情報

タイトル SHIROBAKO
読み方 しろばこ
原作 武蔵野アニメーション
アニメーション制作会社 P.A.WORKS
アニメ放送期間 2014年10月9日~2015年3月26日
話数 全24話+OVA2話
アニメ放送局 TOKYO MXほか
声優(CV)・キャスト 宮森 あおい役:木村珠莉
安原 絵麻役:佳村はるか
坂木 しずか役:千菅春香
藤堂 美沙役:髙野麻美
今井 みどり役:大和田仁美
丸川 正人役:高木渉
興津 由佳役:中原麻衣
高梨 太郎役:吉野裕行
矢野 エリカ役:山岡ゆり
落合 達也役:松岡禎丞

あらすじ・ストーリー

シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事であり、ひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。

イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・

引用元:「SHIROBAKO」公式サイト

PV予告動画