プラチナエンド

プラチナエンド
(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会
3
Rated 3 out of 5
5つ星のうち3 (合計2レビュー)
★50%
★450%
★30%
★250%
★10%

「プラチナエンド」みんなの感想評価とネタバレ考察

デスノートのクオリティを期待しすぎないほうが良い??

Rated 2 out of 5
2021年12月24日

「デスノート」で一世を風靡した大場つぐみ、小畑健コンビによる原作のデスゲーム系の作品で、虐待され中学卒業を機に自殺した主人公の元に、神候補を狙う天使によって蘇生されるというあらすじです。
原作の大場氏、小畑氏のコンビが「デスノート」や「バクマン」などヒット作を立て続けに世に送り出したこともあり、期待値がどうしても高まってしまう本作ですが、残念ながら件の2作ほどの評価は得られたない印象です。
主人公のキャラも背景が(叔母にありえないほど虐待されていたとはいえ)悲惨だから致し方ないとはいえ、若干弱弱しく、あまりストーリーを引っ張てる印象がないほか、以降は異能持ちの殺し合いという設定も、同様のコンセプトの作品があふれかえってる昨今では、あまり新鮮さがないのも否めない印象でした。

Shinya0544

世界を捨てた僕に希望の光を差し出してくれた天使

Rated 4 out of 5
2021年12月24日

このストーリーは生きるのを諦めた人間に希望の光を差し出す天使が、一丸となって生きる事の大切さ幸せさを教えてくれます。まず神候補として選ばれた人は、天使のアイテムの翼、赤い矢と白い矢を13人の天使が助けたい人間に授けます。
特級天使は3つとも渡され天使の階級ごとに翼だけ、翼と赤い矢だけなど分かれていて、主人公の架橋は特級天使として3つとも授かり、そして架橋の好きな花籠は翼しかないので2人でチームを組みますが、もう1人の特級を渡された男子生徒メトロポリタンは、神候補を全員殺そうと企んでいます。
メトロポリタンは悪者なので架橋と六階堂で倒そうと空で戦います、架橋は白の矢を撃てないので、赤い矢で凄い迫力を見せます。そこで圧倒して倒せるとこで、メトロポリタンを逃がしてしまうのです、本当にどうなるか分からないストーリーが見ものとなっています!

アイポッヨ

「プラチナエンド」の感想を書く(ネタバレ考察あり)

「プラチナエンド」の作品情報

基本情報

タイトル プラチナエンド
読み方 ぷらちなえんど
原作 大場つぐみ、小畑健
アニメーション制作会社 シグナル・エムディ
アニメ放送期間 2021年10月~
話数 全24話
アニメ放送局 TBSほか

PV予告動画