BLドラマの主演になりました

BLドラマの主演になりました
4.0
Rated 4.0 out of 5
5つ星のうち4.0 (合計1レビュー)
★50%
★4100%
★30%
★20%
★10%

「BLドラマの主演になりました」みんなの感想と評価口コミ!面白い?つまらない?

感動と笑いの融合

Rated 4.0 out of 5
2024年1月14日

「BLドラマの主演になりました」を見て、心からの感動と笑いが交錯する素晴らしい体験をしました。主人公の赤藤優一郎と青柳萌の関係性が、とても自然でリアルに描かれていて、彼らの成長と恋愛の過程に深く引き込まれました。

特に赤藤くんのガチオタとしての一面と、真面目で純粋な青柳くんの対比が絶妙で、二人の間のドキドキするようなシーンには何度も胸が高鳴りました。

このドラマの魅力は、ただの恋愛物語に留まらず、芸能界の裏側やキャラクターたちの心理描写が深い点です。また、コメディ要素も絶妙で、シリアスなシーンとのバランスが取れているため、笑いあり、涙ありの感動的なストーリー展開になっています。

個人的には、赤藤くんと青柳くんの初めてのキスシーンが印象的で、その瞬間の緊張感と甘さが見事に表現されていました。また、周囲のキャラクターたちも個性的で、特にマネージャーのキャラクターがストーリーに華を添えていました。

このドラマはBLジャンルの枠を超えて、多くの人に愛される作品だと感じました。恋愛の純粋さと人間関係の複雑さが見事に描かれており、最後まで目が離せない内容でした。次のシーズンも期待しています!

腐女子

「BLドラマの主演になりました」の感想と評価口コミを書く(ネタバレ考察あり)

「BLドラマの主演になりました」の作品情報

基本情報

タイトル BLドラマの主演になりました
読み方 ビーエルドラマのしゅえんになりました
原作 すずり街
脚本 遠山絵梨香
ドラマ放送期間 クランクアップ編:2023年12月24日
クランクイン編:2024年1月2日
話数 クランクアップ編:全3話
クランクイン編:全1話
ドラマ放送局 テレビ朝日

作品概要・あらすじ内容

『BLドラマの主演になりました』は、一風変わったBLドラマで、ドラマ内のドラマというメタ的な要素が特徴です。この作品は、ある人気BL漫画の実写化が決定し、そのダブル主演に選ばれた二人の俳優、赤藤優一郎と青柳萌の物語を描いています。

赤藤は一見冷たい態度を取るものの、実は青柳の大ファンで、青柳に対する強い思いを抱えています。一方の青柳は、かつては人気子役だったが、今は目立たない存在で、赤藤に素っ気ない態度をとられることに悩んでいます。

物語は、彼らがBLドラマの主演を務めることになり、役作りと宣伝のために同棲生活を始めることから始まります。赤藤の冷たい態度に戸惑う青柳ですが、徐々にお互いの本当の気持ちを知り、複雑な関係が展開していきます。

このドラマは、彼らの関係の変化や成長を描きながら、同時に俳優たちの人間関係や業界の裏側も描いています。

赤藤を演じる阿部顕嵐は、数々の映画や舞台で活躍する俳優で、「7ORDER」のボーカルとしても知られています。彼は自身もオタク気質であり、役柄との共通点が多いと述べています。

青柳を演じる阿久津仁愛は、ミュージカル『テニスの王子様』や『HUNTER×HUNTER』THE STAGEなどで知られる若手俳優で、青柳とは異なる性格であるものの、彼自身もこの役に深い思いを込めています。

PV予告動画