東京タワー

東京タワー
(C) tv asahi All rights reserved
1.7
Rated 1.7 out of 5
5つ星のうち1.7 (合計7レビュー)
★50%
★40%
★329%
★214%
★157%

「東京タワー」みんなの感想評価評判!ひどいつまらない?面白い?

現代版 魔女の条件になり得るか

Rated 3.0 out of 5
2024年5月13日

私は松嶋菜々子とタッキーが演じて大ブームになった魔女の条件が大好きだった。今回も男性は成人は過ぎているものの、歳の差が20個近く離れていると言う事で期待して見た。

大人気のキンプリ永瀬廉が、大人の女性との恋愛なんて演じられるのか。と半信半疑で見ていたものの、これがなかなか良い味を出している。特に好きなのは、2人でレストランで食事をするシーン。あなたの事をもっと話して。と言われて何気ない日々の事をポツ、ボツと話す。面白い話では無いのに、彼が話すと真面目さが滲み出ていて可愛い。こりゃ年上女も絆されるわ。と納得しながら見入ってしまった。

一線は超えてしまった不倫関係の両者が、今後どのような結末を迎えるのか。これから波乱の展開が次々と待ち受けている事は必至だが、果たして魔女の条件のように世間からどんな避難を浴びても2人の世界を貫き通すのか。今後の展開にも要注目である。

tappu

暗いドラマ

Rated 1.0 out of 5
2024年5月12日

こちらの気分も暗くなるドラマでした。

あかね

薄っぺら

Rated 1.0 out of 5
2024年5月6日

キスして寝るだけのドラマ。なぜ永瀬はこんな役引き受けたのか疑問。

ぎょうざ

年上女性との不倫にドキドキ

Rated 3.0 out of 5
2024年5月1日

永瀬廉さん演じる透が偶然知り合った年上の女性、詩史に惹かれていき、深みにはまっていってしまう過程が見ていて少し怖いです。20歳以上年上の女性というと恋愛対象には考えづらいですが、詩史を演じる板谷さんはめちゃくちゃきれいで、これなら年齢関係なくのめりこんでしまうかも…と思いました。

透役の永瀬廉さんはイケメンですが、影が感じられる役が似合うため、少し悲壮感がありながらも真っすぐに、情熱的に詩史さんを愛する今回の役柄ははまり役だと思います。また、なんでも透のマネをしたいという友人の耕二まで、家庭教師先の母親を誘惑してしまうのはあまりに危険すぎるため、とてもヒヤヒヤしてしまいます。

そして、透が素敵な女性に恋に落ちてしまうのは仕方ないにしても、詩史さんは既婚者であり、許されざる恋のためこれからどうなるのか気になります。

aoi

ありえない

Rated 1.0 out of 5
2024年4月28日

車の下に猫をどかすために寝そべって汚れた見知らぬ男の子を自分の職場に連れて行ってシャワーを浴びさせる。

ありえんだろう。

この時点でチャンネルを変えた

ドロドロはいらない

東京タワー

Rated 1.0 out of 5
2024年4月21日

なんか食事していきなりペットシーンでありえない展開。

歳上の尻軽女?が目立つ。

永瀬廉のセリフ棒読み感はわざとなのか頑張ってそうなのかわからないです。

しっとりした空気感を出したいんだろうけど、陰気くさい。

楽しみにしてたけど残念な感じ。

ざるそば

純粋な感想

Rated 2.0 out of 5
2024年4月21日

先入観なしに第一話見ましたが、正直嫌悪感を抱いた。

多分もう見ないかな。

ミスター

「東京タワー」感想評価と口コミレビューを書く(ネタバレあり)

「東京タワー」の作品情報

基本情報

タイトル 東京タワー
読み方 とうきょうタワー
原作 江國香織
脚本 大北はるか
ドラマ放送期間 2024年4月〜
話数 全?話
ドラマ放送局 テレビ朝日系

作品概要・あらすじ内容

ドラマ「東京タワー」は、恋愛をテーマにした物語で、2024年4月20日からテレビ朝日のオシドラサタデー枠で放送されます。このドラマは、21歳の医大生である小島透と、彼より20歳年上の人妻・浅野詩史の禁断の恋を描いています。

小島透を演じるのは永瀬廉さんで、彼にとって恋愛ドラマの主演はこれが初めてです。一方、透が恋に落ちる詩史を演じるのは板谷由夏さんです。詩史は夫がいるにも関わらず、透の情熱的なアプローチに心を揺さぶられ、許されない愛に歩み寄ってしまいます。

また、ドラマには他にも魅力的な登場人物がおり、例えば大学生の大原耕二役の松田元太さんや、彼と恋に落ちる人妻・川野喜美子役のMEGUMIさんも出演します。耕二は年上の女性への恋愛に憧れ、喜美子は耕二との間で禁断の関係に陥ります。

このドラマは、人々が禁じられた愛にどのように向き合うか、そしてその愛が彼らの人生にどのような影響を与えるのかを描いています。江國香織さんの同名のベストセラー小説が原作で、その感動的な物語は以前にも映画化や海外でのドラマ化がされているほどです。

PV予告動画