ホーム・アローン

ホーム・アローン
4.0
Rated 4.0 out of 5
5つ星のうち4.0 (合計1レビュー)
★50%
★4100%
★30%
★20%
★10%

「ホーム・アローン」みんなの感想と評価口コミ!面白い?つまらない?

時を超えた冒険の魔法

Rated 4.0 out of 5
2023年12月19日

「ホーム・アローン」は、クリスマスの定番映画として、今も色褪せない魅力を放っています。主人公のケビンは、家族に忘れられてしまい、一人で家を守ることになります。彼の無邪気な発想と行動力が、心温まる笑いを誘います。

特に、家具や玩具を駆使した泥棒への罠は、子供ながらの創造力の見せ場です。それぞれの罠が痛快で、時には痛そうなシーンもありますが、全体的には心が癒されるストーリーです。

この映画の魅力は、単なるコメディに留まらない深いメッセージにもあります。ケビンが家族の大切さを実感する過程は、見る者にも家族への愛を再認識させます。

また、怖そうな隣人が実は優しい味方であることも、見た目で人を判断してはいけないという教訓を教えてくれます。

クリスマスの雰囲気が満載のこの作品は、毎年見たくなる魅力があります。ケビンのキュートな表情や、家族が再会するシーンは、いつ見ても心が温まります。

大人になってから見ると、子供の頃には気付かなかった細かな伏線やユーモアに新たな発見があります。まさに、年を重ねるごとに違った楽しみ方ができる映画です。

「ホーム・アローン」は、クリスマスムードを盛り上げるだけでなく、家族の絆の大切さを教えてくれる、時代を超えた名作です。

ニトー

「ホーム・アローン」の感想と評価口コミを書く(ネタバレ考察あり)

「ホーム・アローン」の作品情報

基本情報

タイトル ホーム・アローン
監督 クリス・コロンバス
脚本 ジョン・ヒューズ
上映日 1991年6月22日
上映時間 103分
配給 20世紀フォックス映画

作品概要・あらすじ内容

「ホーム・アローン」は、1990年に公開されたアメリカのクリスマスコメディ映画です。クリス・コロンバスが監督し、ジョン・ヒューズが脚本と製作を担当しました。

この映画は、家族がクリスマスのバカンスでパリに出かける際に誤って家に置き去りにされた8歳の少年ケビン・マッコリスター(マコーレー・カルキン)の冒険を描いています。

ケビンは当初は自由を満喫しますが、すぐに「ウェット・バンディッツ」として知られる二人組の泥棒、ハリー(ジョー・ペシ)とマーヴ(ダニエル・スターン)に家を守る必要に迫られます。

この映画は、そのキャスト、ユーモア、そして音楽に高い評価を受け、全世界で4億7670万ドルを売り上げ、長い間最高の興行収入を記録したライブアクションコメディ映画となりました。

また、映画「ホーム・アローン」は多くの続編を生み出し、1992年には「ホーム・アローン2: ニューヨークで大迷走」が公開されました

PV予告動画

「あにかつ」管理人

うさうさ
3度の飯よりアニメ好き!日本が世界におすすめできるアニメの評価、レビュー感想をまとめています。このアニメは面白かった!感動した!という作品があれば、ぜひコメントください。